スポンサーリンク

自慢のママチャリのご紹介

ピアノ

お元気ですか、MrBachLoverです。みなさん、ママチャリは持っていますか。最近のママチャリは変速機付きのものが多いようですが、わたくしは自転車本体の軽さと購入価格の安さから変速機無しのママチャリを購入して乗っています。今日は、そのママチャリのご紹介です

レモンちゃん
レモンちゃん

ママチャリの変速機ありと無しではどれくらい重さが違うの???

わたくし
わたくし

そうだね~、変速機付きのママチャリだと16kgぐらいで、変速機無しだと13kgぐらいかなぁ。結構違うよね〜

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

変速機無しのママチャリのメリットとデメリット

変速機ありと無しでかなり違いがあります

こちらは全国にチェーン展開している某自転車屋さんで売ってた一番安いママチャリです

前カゴ付き、ダイナモライト付きで、な~んと1万円ほどでした〜

以前に使っていた変速機付きの自転車が壊れたので、この安っすいママチャリに買い替えました〜

メリット

変速機無しのママチャリのメリットとしては、

  • 安い
  • 軽い

ですね〜

デメリット

変速機無しのママチャリのデメリットは、

  • スピートは変速付きに負ける
  • 勾配がキツイ坂道は苦手

てなところですね〜

でもね、

スピードが出ると危ないのです

最近、よく電動ママチャリで事故とか見聞きしますけど、この自転車なら、

そもそもスピードが大して出ないので、

ん?… これはメリットかも〜

勾配がキツイ坂についてですが、意外と登れます

だって、本体が軽いですし、ギア比も元々軽めに設定されてますので、

スピードが出ない代わりに、勾配キツイ坂だいたいOKI

になるように設計されているようです

カスタマイズ(改造)の説明

ここからは改造の話です。

ま、改造と云っても大してお金掛けてないですけどね

改造その1:前カゴを外した

もともとは前カゴがついていましたけど、

1年程ガンガン走ってサイクリングとかでも使ってたら、

取り付け部分の金属が金属疲労を起こしまして、

ある日、ポキッ、

って逝っちゃいました〜 ケラケラケラ

わたくしは、いつもリュックを使っているので前カゴなしでもOKIです〜

改造その2:鍵の変更

みなさん、自転車のカギって失くしたことないですか

わたくしは1度ならず、何度も!?

ありまして、その度にとっても大変な目に合いまして、

行き着いたのがこのカギです

ナンバーロック式なので、

絶対に失くしません!

錠前をカチンと押し切って裏側についているボタンで全ての番号をプッシュされていない状態にすることでロック完了です

開ける時は解除番号を押せば良いです

改造その3:ダイナモライトをLEDハイブリッドライトに変更

夜に無灯火で自転車に乗るとおまわりさんに叱られるし危ないのでライト点灯必須なのですが、

夜走るとダイナモライトをつけると自転車を漕ぐときに重くなるんですよね〜

それに、ダイナモライト自体もそこそこ重い

なので、こんなライトを付けました

このライト、ソーラー電池と乾電池のハイブリッドで光るようになっています

2,700円弱しましたけど、コレが最大の改造費用です

ソーラー電池が切れても乾電池で光り続けてくれますし、

乾電池が切れると交換サイン(赤い小さなLEDが光る)が出ますので、

すぐに気づいて電池交換出来ます

このライトと同じものをロードバイクにも付けています

とってもオススメのライトです

改造その4:シートを子ども用自転車のモノに交換

トイザらスとかで、ベネトン仕様などのカッコ良い子ども用の自転車が売ってますよね、

で、その自転車を子供用に買ったものを子供が大きくなって廃棄するときに、

お、このシートカッコえー!

というわけで取っておきました

そのシートをこの自転車に付けています

こちらも自転車の軽量化に貢献してくれています

改造その5:ハンドル反転 (初期セットアップ代に含まれるのでゼロ円)

このママチャリは普通のママチャリとハンドルの向きが違いますね

これ、購入時に自転車屋さんの店員さんにお願いして、

ハンドルを一度取り外して180度反転して取り付け直してもらったんです

工賃は初期セットアップ代に含まれるとのことで、

なーんと、改造代ゼロ円!

何故こんなことをわざわざするのかというと、

自転車というものは、空気抵抗によって大きくスピードが変わってくるんです

詳しくはコチラの本を読んでみてください

自転車との付き合い方が180度変わる素晴らしい本ですヨ

上半身を前傾姿勢にすれば前から見たときの面積が小さくなって空気抵抗が下がる、

という訳です

これを極めたのがロードバイクのドロップハンドルなんです

わたくしのママチャリも、ハンドルの先が下に向かっていますね

ある意味ではドロップハンドルなのですよ

へへへ

ママチャリ買ったら定期点検してね

ママチャリを買ったら購入店で半年〜1年に1回ぐらい点検してもらいましょう

わたくしはコレ怠って、チェーンが外れて文字通り、とっても痛い目にを見ました…

その辺りの話はまたの機会に書きます

結び

もうココまでくると殆どクロスバイク並です

でも、スピードはそれほど出ませんけど…

最近のタイヤは改良されていて空気をしっかり入れてさえいればまずパンクしないです

なので、この自転車で夏に片道40キロ離れた海水浴場に行ったりして、結構楽しんでいます

ママチャリって、ロードバイクと比べ物にならないくらい本当にタイヤの摩耗あ進まないので、

購入費用に加えて維持メンテナンスコストという点でも、

最高に安いのです

ピアノ弾きは体力づくりも大事ですので、

ママチャリで体力づくりするのもアリかも〜

浮いたお金で高い高い海外の楽譜が変えますヨ

変速機無しママチャリ、オススメします

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました