スポンサーリンク

バッハコンクールの採点結果は…

ピアノ

お元気ですか、MrBachLoverです。リーマンピアノ弾きの皆様の中にはコンクールにチャレンジされた経験をお持ちの方もいるかと思います。わたくしは、一昨日、バッハコンクール地区大会に参加してきました。もう採点票3通が届きました〜。早速、講評と採点結果をみてみたので、チラっとレポートしちゃいますね〜

レモンちゃん
レモンちゃん

で、講評って怖〜いことがたくさん書かれてるの???
何点取れたら全国に行けたの???

わたくし
わたくし

怖〜いコメントは一つも書かれて無くて、とても参考になったよ。全国に行けるのは8.47点で、僕の点は8.13点だったよ。温かいコメントで、とってもモチベションが上がったヨ ♥

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

そもそも、バッハコンクールとは…

採点票にバッハコンクールの説明書きが書かれていたので、ご紹介します。

【バッハコンクールとは】

音楽の原典を学ぶピアノコンクール。
バロック期のポリフォニーの作品を学習することで、読譜力や演奏能力の向上を促し、生涯に渡りピアノを学び続けるための音楽的基礎を育成する。
地区大会、全国大会ともに、

  • 優秀なピアノ指導者
  • ピアニスト
  • 音楽研究家

らが審査員です。
参加者1人1人に各審査員による手書きの講評をお渡ししています。

参加直後の記事はコチラ

ピアニストとピアノ指導者による採点票が貰えた♥

全然よく分かってなかったのですけれど、わたくしの受けたバッハコンクールの審査員の方はピアニストとピアノ指導者でした

これって、凄くないですか???

審査員(敬称略):石井 理恵/島田 美穂/仲田 みずほ

って、ホーページに書いてました

採点結果と内容【サマリー】

今回演奏したのは、

  • バッハ シンフォニア第9番
  • バッハ シンフォニア第14番

の2曲。

基本的に3名とも1曲目(バッハシンフォニア第9番)は好評価で、2曲目(バッハシンフォニア14番)は色々とご指導を頂いた感じです

1曲目:バッハ シンフォニア第9番

■良い点
f-mollの調性感がよく出ています
奏者の出したい響き、音色がとても明確で、ハッとする瞬間がたくさんありました
受難の息苦しい歩み、息遣いを感じる歌が聴こえます
弱音が美しく、印象的です
■課題
半音階の下降形、もう少し丁寧に感じると尚良いですね
縦の音の響きの重なりが充実すると尚良いです
緊張を高める部分、もっと推進力をもたせると尚良いです
テンポがもう一息定まると尚良いですね

2曲目:バッハ シンフォニア第14番

■良い点
柔らかな響き、バッハらしい音です
■課題
三声の縦の縦のバランスが各声部の役割を踏まえてコントロールできると、
更に立体的な響きになります
素朴な明るい響きをもう少し出せると良いです
テーマの1音目(特に裏拍から入る時)は更にクリアに提示しましょう
テーマの浮き出しが弱いので改善しましょう
テンポの安定が欲しいですね

コメントを読んだ感想

正直、参加費が1万1千円でこんなにたくさんの為になるコメントをいただけたのはとてもありがたいです

シンフォニア第14番に関しては、自分でも、

テーマの浮き出しが甘い
(本番演奏では)テンポが安定していなかった
音色の追求が少し足りてなかった

といった課題は薄っすらと感じてはいましたが、コメントを頂いて課題をとてもクリアにできました

頂いたコメントを受けて明日からもう少しシンフォニア第14番の演奏を研究してみようと思います

今回の演奏の得点と全国ライン

今回のわたくしの演奏の得点は、

  • 平均点:(10点満点中)8.13点
  • 標準偏差(バラツキの度合い):0.09

でした。審査員の3名の点はかなり近い点数です。理系男子的には標準偏差に真摯さを感じてしまいます♥

ちなみに、某楽器店さんの採点結果は、

  • (20点満点中)13点から17点にバラけてて、
  • 標準偏差の値は 1,13

でした。ケロロ、じゃなくて、わたくし的には、目が点 (゚∀゚) なのでア〜リマス。

結び

前回の某楽器店さんのコンクール地区予選のコメントは、「はー???」ってコメントがたくさんあって、更に点がとてもバラついてて演奏で表現しているものを聞き取れていない審査員さんがたくさんいらっしゃてガッカリしたものです

気になる楽器店さんのコンクールの予選落ちの記事はコチラ

そして、わたくしの友人に至っては、こちらの楽器店さんのコンクールの地区大会で靴にケチ付けられて全国出場を逃したという風の噂も聞きました

いやー、靴の趣味で全国大会お預けにする審査員ってどうなんッスか ????

靴は音楽と全然関係がない…

わたくしのSchoolの先生が仰ってたように、ちゃんとした審査員が審査するコンクールに出ないと意味ないですね〜

同じコンクールでもな〜。

正直、カクが違うと思いました

それと、今回選んだ会場のピアノ。

物凄〜く表現を色々と付けられる、素晴らしいピアノでした。スタインウェイの中手も特に良い個体だと思います(バッハコンクール地区大会の会場は色々選べます。シゲルカワイの会場とかもあったと思います)

優秀なピアノ指導者・ピアニスト・音楽研究家らが審査員を務めるバッハコンクールは物凄〜く良かったです♥

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました