スポンサーリンク

スクリャービン op.8-12 ってどれくらい難しいの?

ピアノ練習帳
スポンサーリンク

お元気ですか、MrBachLoverです。みなさま、憧れの曲はありますか。そして、その曲に取り組んでいますか。人生は長いようで短い。そして突然大病を患ってピアノが弾けなくなる可能性だってゼロでは無いのです。ま、わたくしは絶対そんな大病になんてかからないですけど。出ました、得意技の根拠の無い自信。

今回は、わたくしの憧れの曲のスクリャービンop.8-12 の譜読み状況などを綴っていきますね

レモンちゃん
レモンちゃん

憎まれもの世にはばかるって言うから、きっと君は長生きするんじゃないかな???

わたくし
わたくし

憎まれもので大いに結構。長生き出来ればそのほうが絶対に良いよ。「嫌われる勇気」というタイトルの本は読んだこと無いけど、その勇気をわたくしは確実に備えている気がする。

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

両手合わせ弾きの進捗率80%

「100%=初回合わせで最後まで辿り着く」の基準で現在のところ進捗率80%って感じです。

今日でスクリャービン両手合わせは3日目です。もちろんスクリャービンばかりやってる訳では無く、毎日スクリャービンの練習には1時間ぐらい費やしてる感じです

  • 初日は1ページ目の合わせをしました
  • 2日目は2ページ目の合わせをしました
  • 本日(3日目)は3ページ目をクリアし、4ページ目の1段目まで来ました

両手合わせって、めちゃめちゃ頭が疲れまくります!

1ページ合わせるだけで頭から湯気ポッポーになっちゃって、それ以上ピアノ弾くと確実に、最初に弾いた辺りの記憶がリライトされて消えていくのです

これは経験上明らかで、10年ほど前にバッハのシンフォニアを独学でやっていた時に立証済。

スクリャービンop.8-12 ってどれくらい難しいの?

スクリャービンop.8-12 は普通のドミソの分散和音やドレミファのスケールが一切出てこないので、多分難易度が高い曲なんだろうな〜、なんて思いましてネットで難易度を調べてみたところ、

あるピアニストの一生というサイトで難易度表(1(低)〜28(高))が掲載されてました。で、この曲は、

な、な、なんと、最高ランク(レベル28)!

ラ・カンパネラと同じランクでした!

どこかの海苔漁師さんと肩を並べちゃいました(笑)

ノリ漁師のピアニスト『ラ・カンパネラ(フランツ・リスト)』ノーカット演奏動画 徳永義昭さん #80

1つ1つのパッセージにとても沢山の時間を掛けて練習したんだろうなぁ。すごく感動する演奏でした。この演奏を聞いていたら俄然スクリャービンop.8-12わたくしもやる気出てきました〜!!!

難易度の参考にしたサイトはこちら。http://mathemarimo.bird.cx/public/kyozai.html

難易度28のリンクhttp://mathemarimo.bird.cx/public/kyozai_28.html

No,24 にスクリャービンop.8-12 が燦然(さんぜん)と輝いていますね☆

最高レベル(レベル28)には他にどんな曲があるの?

ちょっと興味があったので最高レベルの28には他にどんなピアノ・ソロ曲があるのかを見てみると、

  • リスト ラ・カンパネラ、鬼火、マゼッパ など
  • ショパン バラード4番、ソナタ2番、ソナタ3番
  • ベートーヴェン ソナタ29番
  • ラフマニノフ ソナタ2番、前奏曲op.23-2

などでした。確かに納得です。どの曲も、

と・て・も・む・つ・か・し・い …

鬼火とかマゼッパは超絶技巧練習曲集の中の曲ですね。バラード4番は、ピアノの森のカイ・イチノセが森のピアノが燃えて崩れていくシーンを思い浮かべて弾いた曲。まさに火柱が立ってる感じの超絶難しい箇所が終盤に出てくる曲です

ベートーヴェン ソナタ29番は、出だしの3段ほど昔取り組んでみて、

やーめた、はい、無理ムリ〜

って思って弾くのを断念した記憶があります

ラフマニノフ ソナタ2番はどの楽章もとても高度なテクニックが必要そうです

書いててちょっぴり汗ばんできました…

結び

最高に難しい曲だって言うのは分かりましたが別に難易度が高いから弾きたい訳ではなく、この曲の世界観がとっても気に入っています

弾いていて独特の悲愴感に包まれる感じがするところがたまらなく良いです

何故でしょうか、スクリャービンop.8-12は弾けるようになりそうな気がしています

多分ですけど、

  • もともとは左利き(今は両利き)であること
  • 高校3年の時にショパンエチュード革命を弾き込んだこと(いわゆる一発芸)
  • 最近ラフマニノフ練習曲「音の絵」op.39-2でスクリャービン風味の箇所をガチ練したこと

が関係しているのかも知れません。ピアノのスクールの先生曰く、「多分、合ってるのだと思います」とのこと。そう、なにかラジオのチューニング・ダイアルがうまく合っているうような感じがしています

これからスクリャービンop.8-12 両手合わせは4ページ目2段目に入ります。ここからがオイシイところなのです。

さてと、頭のリフレッシュが出来たのでスクリャービンの練習を再開します

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました