スポンサーリンク

リアブレーキ修理など

スポンサーリンク
ロードバイク
スポンサーリンク

お元気ですか、MrBachLoverです。

わたくしの趣味はDIYです。今乗っているロードバイクは購入時のフレームとハンドルとシートポスト以外全て部品交換したので自分で組み上げたも同然。

で、今日は調子の悪いところを自分で修理しました。修理した箇所は次の通り。

  • ドリンクホルダー用の穴
  • サイクルコンピュータの修理
  • リアブレーキシューの交換

ドリンクホルダー用の穴

まずは写真をご覧ください。

写真中央の穴がふさがっています。アルミのネジが首辺りからおれて詰まったのです。

そこで、中央に電気ドリルで穴を開けて、キリを突き刺して回して取り除く計画を立てました。

いざ実行!

ブーン、ポキ!

嫌な音がしました。そう、ドリルが折れちゃったのです。

ドリルの歯はとても硬い金属なので、別のドリルの歯で後ろから穴を開けるのは断念しました。

ガーン。

でも、待てよ。。。

要するにドリンクホルダーが付けばいいんですよね~。

と発想を転換して、ドリンクホルダーの下穴をアルミの針金でフレームに固定することにしました。

ザ、完成!

目立たないようにうまく取り付けできました。

わたくしはシンプルなボトルホルダーが好みです。


とてもしっかり固定できたので大容量のドリンクボトルも大丈夫な感じです。


サイクルコンピュータの修理

お次はサイクルコンピュータの修理です。

サイクルコンピュータの台の部分の付け根のケーブルが断線しておりスピードが計れたり計れなかったしします。

そこで台の部分の付け根のケーブルを一部切除して、断線部分を取り除くことにしました。

この修理はスルッと完了。

でも、もうワイヤレスの値段が下がってきたので次に調子が悪くなったら買い替えかなー。


リアブレーキシューの交換

さて試運転しようかと思ったところ、リアブレーキシュー(ブレーキパッドともいう)が相当減っていることに気が付きました。

そこで、リアブレーキシューを交換しました。

この交換はお手のものです。交換後、ブレーキレバーを引いたときの左右のブレーキアームの動きが少しちぐはぐだったので調整しました。

以上の修理によりロードバイクの状態がとても良くなりました。

こちらは日本が世界に誇るSHIMANOのブレーキシュー。


世界一幸福満足度の高い国

皆さんご存知でしょうか。

聞くところによるとフィンランドだそうです。

フィンランド人の国民気質は

  • DIY好き
  • サウナと水風呂好き

だそうです。

わたくしもDIY好きですし、サウナには行きませんが自宅で46度のお風呂で足湯をして汗をかいた後、水シャワーしています。

そして、わたくしも結構幸福感高めであります。

DIYは支出削減に繋がります。水シャワーは免疫力の向上が期待できます。

様にもDIYとちょっと熱めのお湯の足湯と風呂上がり直前の水シャワーをオススメします。

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました