ホワイトキュウオン(吸音材)を導入。コレ静かで良いかも。

ピアノ

ども、MrBachLoverです。いま、私の部屋は静寂に包まれています。何故なら、窓を吸音材と発泡スチロール板で塞いで、その上、防音カーテンを引いているのですから。防音窓(プラスト+12mm防音ガラス)はしばらく見送りですなー。

レモンちゃん
レモンちゃん

窓が無いと部屋が暗いよー。大丈夫なの???

わたくし
わたくし

僕の部屋は大きい窓と普通の窓があって、普通の窓は塞いてないから大丈夫だよ。

吸音材と発泡スチロール板で窓を塞ぐ

まずは、91cmx91cmの吸音材2枚(内、1枚は大きな洋裁バサミで71cmと21cmにカット)で窓を塞ぎました。良い感じにシーンとしています。

窓に91cmX91cmの吸音材を1枚置いた時点でシーンとなって『感動』します。右上隅20cmx71cmは吸音材が足りず、配送されてきた時のクッション紙を上手く活用してみました(笑)。

発泡スチロール板をセット

お次は窓に発泡スチロール板をセットします。

以前に書いた防音対策(発泡スチロール板を使用)も、よろしければ。

最後にカーテンを引く

最後にカーテンを引いたら防音窓の完成です。

コチラ(↓↓↓)は防音カーテンです。遮音効果とかあるかも。

コチラ(↓↓↓)は光沢仕様の薄手のカーテンです。

コレ、結構良いかも。

お隣さんに気を使って導入しましたけど、一方で、外の音が聞こえてこないというのもベリーグーですねぇ。本当は、防音窓導入いようかと悩んでたんですけど、窓の広さからざっくり見積もって、大きい窓はプラスト+12mmの防音ガラス のセットが13万円ぐらいする模様。

13万円はホイホイ出せる金額ではありません。

でも、吸音材は1万円で手に入れました。良いお買い物だったと思います。

結び:コレでしばらく防音窓は保留。

本当は防音窓を導入するのがベストです。だって、脱着の手間が不要だし、日差しも入ってくるし、部屋の雰囲気が明るいのですから。でも、中途半端に安いモノ(プラスト+12mm防音ガラスの半額ぐらいでも導入できるもの)を導入して、もしイケてなかったら…と思うと、しっかりお金貯めよう、となる訳ですよ。

じゃあ、お金貯めるまでどうするのか、という話がありまして、コレは妥協の産物ではあります。が、コレはコレで悪くないですねー。

もう10時になったから、今日も張り切ってショパンop.25-11『木枯し』練習するヨ。

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました