スポンサーリンク

ピアノの独学が難しい理由

ピアノ練習帳

ども。MrBachLoverです。独学でピアノがマスターできないとは言いません。でも、ピアノを独学で学ぶのはとても難しいです。今回はピアノの独学期間が長かったわたくしが痛烈に実感しているピアノ独学の問題点について、記そうと思います

レモンちゃん
レモンちゃん

ジャズ・ピアニストとかは独学の人が多いんじゃないの???

わたくし
わたくし

どうだろう。チック・コリアは4歳でピアノを習い始めて、ジュリアード音楽院に入学したみたいだね。

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノ独学でダメだったところ

わたくしの場合、中1から6年間ピアノ独学で、
高校3年生でショパンの革命を譜面通り大体弾けた訳ですけど、

フレージング
スラーやタイ、スタッカートなどのアーティキュレーション
左右のバランス

など、今になって思うと
上手くできてなかった箇所が多々あったなーって思います

幼少期からピアノを習い続けている友人に
わたくしの弾くショパンの革命を聴いてもらったところ、

指摘こそされませんでしたけれど、
いっぱいできてないところがある、って、

顔に書いてあったよー

CDやストリーム配信の音を真似しようとしても…

ゆっくりしたテンポの曲は未だ良い。
(それでもたくさんメカニック/テクニカルなポイントがたくさんある)

速いテンポの曲は、
それこそメカニズムの面で色々と
分かってないと曲が指定テンポで
通るようにすらならない。

仕上げるなんて、はるか彼方。

楽譜を読むにしても、

例えば、付点八分音符+16分音符
の場合、わずかに休符を挟む
(弓のボーイングの場合、必ず休符が挟まる)

みたいな暗黙のルールがあるのです

それって、独学だとなかなか気づけない。

ピアノ独学のメリット

何もピアノ独学を全部否定している訳ではありません

ピアノ独学のメリットもあります

それは、自分で考えて自分なりの答えを
探すチカラを身につけられること。

CD/ストリーム配信から聞こえてくるプロの演奏。
実に美しい。

自分の演奏は、
ん。???
何か違う。

なにが違うんだ???

耳を使って聞き分けます。
指の動き、運指を徹底的に研究します。

独学者は、こうして自分のパフォーマンスを
改善していくのです

そして、ピアノ習った期間が通算で3年ほどで、

この演奏ができたのです

ピアノ独学の限界

もちろん、改善できない箇所が出てきて、
壁にぶつかるケースも出てきます

だから、ピアノは習ったほうが良いのです

ピアノ独学だとたいてい伸び悩むのです

中には、リヒテルみたいに
独学でスタイルを確立しちゃう人もいます
でもリヒテルの場合、両親が音楽家で音楽家の血筋だし、
耳がそもそも良い(=脳が音を分解する能力が高い)
ので、別格。

ピアノ独学の道を進む人へ

ピアノ独学の道を進む場合、
ピアノ本は徹底して読み漁ってください

更に、どの本も1回だけではなく定期的に
読み返すこと。

ピアノを練習していると、
多少なりとも上達する訳です

上達すると、今まで理解できなかった文章が
理解出来るようになる場合がある

なので、1年とか、3年とかの間を置いて
ピアノ本をもう一回読んでみると、
あー、なるほど。
ってなることが結構あるのです

ずーっとピアノ習ってると…

コンクール入賞者とか、
金賞受賞者とかをバンバン出しちゃう
ピアノの先生っていますよね。

凄いです。

生徒を見る見る上達させてしまう。
生徒さんの素質もあるのですけれど、
先生に言われるがままに、
カラダを操って、
自分であまり考えずに上達しちゃう。

でも、これって、
本当に生徒にとって良いことなのでしょうか

先生のお人形さん。

中には、生徒にしっかり考えさせて、
多少遠回りでも、自分で考えるチカラを
付けせる先生もいらっしゃるかと思います

でも、Teaching中心の先生に習っているなら、
あるいは、自分で考えるというチカラが足りてない、
と実感してる人がいたら、
一度ピアノ習うのやめちゃって、半年とか1年とか、
独学でピアノやってみても良いかも。

結び:習っても上達しない人・習わなくても上手な人

10年間ピアノ習っててもあまり上手くならない人もいます

反対に、極少数でしょうけどピアノ習ってなくても上手な人もいます

ピアノを習うってっ言ったって
せいぜい月4回、1回30分〜1時間ですよね。
大半は、家で練習してる訳です

結局のところ、この、自分一人で練習する時間に
如何に自分で自分を上達に導くか。

これがピアノ上達のポイントだと思います

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました