スポンサーリンク

夏キャンプレポート①

キャンプ

お元気ですか、MrBachLoverです。
みなさん、夏ですよー、夏。

  • 夏といえば自転車ツーリング
  • 夏といえば海
  • 夏といえばキャンプ
  • キャンプといえば満天の星空
  • キャンプといえば焚き火

これ、ぜーんぶ満喫してきましたー。しかも、かなりの低コストで。

今回はそんな夏キャンプのレポートです。

行程

友人からの提案で次の計画を立てました。

目的地:大房岬(たいぶさみさき)キャンプ場
  内房にあり富士山が見える展望台が自慢のキャンプ場です
日数:一泊二日
行程:(1日目)横浜→久里浜港(35km)→(東京湾フェリー)→金谷港→大房岬キャンプ場 (2日目は1日目と逆順)

予算

ざっくり5,000円~10,000円ぐらい。
最後に実績の円グラフが出てくるのでお楽しみにー。

装備

写真の通り結構積んでます。

■装備リスト

  • 宿泊用具(一人用のテント、夏用寝袋、ランタン)
  • 3本足の折りたたみ椅子
  • 海水用具(足ひれ+水中メガネ+シュノーケル)
  • 食料、着替え、歯磨きセット
  • 各種小物(iPhone用充電バッテリー、小型スピーカなど)
  • ドリンクボトル(氷+お茶)
    などなど

えー、自転車にこんなに積めるの?

はい、積めます。詰めます、かも???

自転車用キャリーとフロントの小型バッグがポイントです。

横浜~久里浜港

7:30 横浜駅を自転車で出発

国道16号線をガンガン南下、と行きたいところですが、今日は

今年最高に暑い日

らしいです。

無理せず休憩をこまめに取ります。

コンビニで名前に惹かれて速攻元気ゼリー(コンビニで210円)を摂取したら、

さすあが、速攻元気というだけあります。

体調があっという間に復活しました。あーら不思議。その後、途中の休憩地点で速攻元気ゼリーを追加購入しました。

熱中症でブッ倒れることを思えば安い買い物です。

こちらは6個入x2箱=12個。かなりお得かもー。夏場に外出する時は1つ持ってるととっても安心な気がします。


さて、久里浜港に13時に到着しました。

予定より2時間おくれです。

アレレー

乗船しまーす
おー、豪快
かもめ可愛い!

金谷港~大房岬キャンプ場

金谷港を15:10に出発。
海岸沿いの道が多いだろうからそれほど坂はないのでは、とおもいきや、目的地の直前に標高差が70mほどあり最大斜度30度ぐらいありそうな激坂出現。

本日最大のピンチです。

わたくしは登りきりましたが、お連れ様が見当たりません。

坂の上にチャリを置いて応援に向かい、後ろからプッシュして頑張って頂上(?)にたどり着きました。

なんだろう、この大きな達成感は。

世の中、どんなドラマが待っているか分からないものですねー。

そこから程なく目的地に到着。レシートに刻まれた時刻は16:51。受付時間を51過ぎていました。

ごめんなさ~い。

次回の日記は到着後の話です。乞うご期待。

ではでは~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました