スポンサーリンク

シューマン Op.18 アラベスク 譜読み開始

スポンサーリンク
ピアノ
スポンサーリンク

お元気ですか、MrBachLoverです。ピアノ弾きの皆さんは今どんな曲に取り組んでいますか。わたくしは昨日夕方からシューマン アラベスクの譜読みを開始しました。

レモンちゃん
レモンちゃん

どうしてシューマンのアラベスクに取り組み始めたの?

わたくし
わたくし

とってもミーハーだけど、ホロヴィッツの演奏があまりに素晴らしくって、弾いてみたくなったんだよ

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ホロヴィッツの演奏するシューマン Op.18 アラベスク

いやー、本当に美しい演奏です

シューマンのピュアな感じがとっても伝わってきます

この曲、ハ長調なんですね

楽譜は意外と読みやすい

けど、演奏はとても難しいです

最初の1ページ譜読みしてみました

これ、以前に弾いたことのある子供の情景の1番 見知らぬ国(原題では、見知らぬ国々と人々)と同じソプラノ、アルト、バスの三声で成り立っています

このパターンの曲は、

バス+ソプラノ

アルト+ソプラノ

バス+アルト

バス+アルト+歌(ドレミで歌う)

っていう練習をやってから3声で弾いて仕上げるタイプです

つまり、

結構時間が掛かりそうです〜

ツェルニー30番、ブルグミュラ−18の練習曲と比べると…

ただいまツェルニー30番とブルグミューラ18の練習曲を練習していますけど、

格段にアラベスクの方が難しいですね〜

芸術性の高さ、

ポリフォニーの声部の弾き分け、

そして、最後の部分のテンポがゆっくりになった1ページの歌い上げなど、

どれも大変そうです

最近ツェルニー30番とブルグミュラー18の練習曲を一生懸命弾いてきましたけど、

なんとなーく、わたくし、

楽して生きてきちゃったかしら???

っていう罪悪感を感じております…

そんなこと云ってないでドンドン譜読みしろですよね〜

最後の1ページについて

いま、YouTubeからギレリスが弾くシューマンOp.18 アラベスクが流れてきました

ギレリスの演奏もとてもグーですね

いま気が付きましたけど、最後の1ページ、

これは完全にクララへのラブレターですよね〜

ものすごーく憧れ感と愛しさの感情が詰まっているように聞こえます

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました