スポンサーリンク

ショパンop.10-4の練習がリアル寒い(!?)

ピアノ

お元気ですか、MrBachLoverです。ピアノ弾きの皆様、冬の寒い日に短調の暗い曲を練習するときはお部屋を暖かくして練習していますか? わたくし、今朝のショパンop.10-4の練習で、背筋が凍る感じがしまして…、今回はお部屋の暖房とショパンop.10-4の練習状況について綴っていきます

レモンちゃん
レモンちゃん

暗い曲を弾くと、心まで寒くなるんじゃないの???

わたくし
わたくし

レモンちゃん、ちょっとヒネリが足りないよ。そんなことじゃぁ、漫才師にはなれないヨ。あ、漫才師べつに目指してないか…。

ショパンop.10-4の練習がリアル寒い(!?)

今朝いつものように、コーヒーをマグカップに2杯、セイロン・ティーをマグカップに1杯入れて、朝練スタートしてショパンop.10-4弾き始めたのですが、

うう、指が冷たい…
うう、背筋が凍る…
足先が冷たい…

でも、頑張って1曲弾き終わりました

もう、お分かりですね。そうです。朝から石油ファンヒータのスイッチ入れるの忘れてたのです!!!

お部屋の気温は15度。

服装は、トレーナーと下着と靴下だけ。

でも、何気なーく、ショパンop.10-4弾き始めちゃったのです

曲の途中で止まってはならないのです

一度弾き始めたら、命に関わること以外、何があっても止まってはならないのです!!!

ただ、弾き始める前に石油ファンヒーターのスイッチは入れるべきでした…

最近のショパンop.10-4 通し練習は何分掛かってる???

昨日、ショパンop.10-4を朝練で1回通した後、通すのにどれくらい掛かるのかな〜、って思って、2回目通す時に時間計測してみたところ、

な~んと、28分9秒。

プロの演奏は2分ですので、わたくしの目標タイムをザックリ3分とすると、

約9倍速く弾けばよいのですね!

なんか、出来る様な気がする!

伊之助に言わせると、”野生のカン” ってヤツ???

焦りは禁物

大事なのは、ココからですね〜

まず、焦ってテンポをあげようとすると躓くところが出てきます

そして、その状態でテンポアップの練習をしていると、

その躓く箇所が、”クセ” になります

良い ”クセ” なら大歓迎なのですが、躓く ”クセ” はちょっと頂けませんね。

一番よいのは、毎日の練習で自然にテンポが上がって弾けることなのです

でも、時々、弾けないテンポで無理やり弾くのも大事。

まずは、次の段階として20分を切ることを目指そうと思います

ツェルニーとショパン、練習曲の仕上げ方は同じ。

わたくしのツェルニー練習曲の仕上げ方はコチラの記事に記しています

  1. 初見&譜読み → 完了
  2. 表現を付けて練習 → ほぼOK
  3. 弾けないところのピックアップと練習 → ココも、ほぼOK
  4. テンポアップ → 今週末にココを集中トライする予定。通し時間の目標20分以内。

明日は部屋を暖かくして朝練頑張りまーす

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました