スポンサーリンク

MrBachLoverの弾くツェルニー30番練習曲15

ブログ

お元気ですか、MrBachLoverです。みなさんの中には最近発表会がめっきり減ってしまって、せっかく曲を仕上げたのに先生以外の誰にも聴いてもらわずにおしまいになった方もいるのではと思います

私は仕上げたら自撮りしてYouTubeにアップして視聴してもらっています

前回のレッスンでツェルニー30番 練習曲15が仕上がったので本日の午後に自撮りしました。今回はその自撮り動画のお披露目です

レモンちゃん
レモンちゃん

発表会で弾いたら20〜30人ぐらいは聴いてもらえるよね。YouTubeの場合は何人ぐらい来てもらえるの?

わたくし
わたくし

そうだね~、曲にもよるけど、ショパンのエチュードOp.25-5は数日で100人ぐらい聴いてもらえたよ

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ツェルニー30番練習曲15の動画

渾身の演奏です。よろしければご視聴いただければと思います

ツエルニーにペダル入れていいの???

ツェルニーはペダル無しで演奏するというのがお決まりのようですけど、わたくしはいつもペダルを薄く入れて演奏しています

別にツェルニーを弾いて音大のテスト受ける訳でもないですからね

あ〜、もし仮に音大の試験を受けたとしてもツェルニーにペダル入れて演奏すると思います

ペダルを薄く入れた方が確実に美しく響きますし、この方が絶対に弾いていて楽しいです

先生にもペダル使った演奏のままで見てもらってダメ出しとかされてませんし、多分これはコレで、有りなんじゃね、って思っています

誰でしょうね、ツェルニーはノンペダルで弾くなんて決めた人は???

ノンペダルで弾くことも大事

あ、もちろんタッチとか、音のつなぎとか、しっかり練習しないといけないポイントは押さえて練習しています

そして、練習し始めの段階ではノンペダルで弾いてタッチとか音の粒とかを確認しています

ノンペダルで弾くことも大事だとは思います

ツェルニーのYouTube視聴回数について

ツェルニーでも楽曲そのものの出来が良くて、なおかつ演奏が上出来の場合は毎日10人ぐらい聴いてくれてたこともあります

こちらは、わたくしの演奏したツェルニーの中で最大のヒット動画です

なんと、視聴が459回です。500人収容yの中ホール程度なら、なんと満席♥

最近は演奏に工夫が足りていないためか視聴がさっぱり伸びないですね〜

撮影機材について

今回はソニーの高音質ビデオカメラHDV-MV1(生産終了)で動画を撮影しました

中古品がアマゾンで売っているようです

こちらの機種、生産終了になってから人気が出てきた商品のようです

今どきのマーケットはロングテールの傾向が強いようです

ソニーさん、もうちょっと待てばよかったのに〜

動画の編集方法のご紹介

今回の動画は次の流れで編集してYouTubeにアップしました

  1. Windows10のパソコン上でHDR-MV1付属ソフトを使って音のレベルを0dbに補正
  2. 同ソフトで動画の最初と最後の不要な部分をカット
  3. (今回は行っていませんが同ソフトでホールのようなリバーブを掛けることもあります)
  4. ファイルをUSB ⇒ macbook pro (AirDrop経由)⇒ iPhoneへコピー
  5. iPhone上でシルク調のモノトーン動画に変更
  6. YouTubeへアップ

慣れるとササッとできるようになり撮り終わってから30分も掛からずにアップまで完了します

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました