スポンサーリンク

ピアノの先生のお教室に訪問の巻

ピアノ

お元気ですか、MrBachLoverです。読者の中には大手楽器店・大手楽器メーカーのピアノ教室に通っている方もいるかと思います。わたくしもその一人です。わたくしが以前習っていたインストラクターの方が楽器店を退職されてピアノ教室を開いたようなので早速お祝いのご訪問をしてきました

今回は、わたくしが以前習ってたピアノ・インストラクター(ピアノの先生)のお教室の訪問記です

レモンちゃん
レモンちゃん

へー、ピアノ教室に訪問してきたんだね。どんたところだった?

わたくし
わたくし

ぼくから見たら、ほとんど小さなお城って感じだったね。ピアノ教室をスタートするなんて、ホント凄いと思うよ。尊敬しちゃいますぅ〜

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

今日は朝からピアノ練習が出来てな~い

今日はピアノの先生のお教室に訪問した後にスクールのレッスンがあるのですが朝から2時間ほど散歩して先生へのプレゼントのお花を花屋さんに行って買ってきて、お昼ごはんの冷麺を作ってグデーってしてたら、

あ、やばい。出発時間!

チーン、ピアノの練習が全然出来ていないままの出発です (汗)

ピアノ教室に到着して早々にピアノ弾いてみた

自宅を出て30分少々でお教室に到着しました。ピンポーンを押すと、おお〜、懐かしい先生のお顔が見えました

もう先生のレッスンを終了してから1年半が経過しています。その間にあんな曲もこんな曲も消化して、スクールに移動してからグランドであんなこともこんなことも教えてもらって、って色々ぺちゃくちゃ喋ったのち、

お教室のピアノを弾かせていただきました♪

で、お教室のピアノのメーカーと型番をみてびっくり。何と、わたくしの持っているピアノと同じメーカーの同じ型番!

という訳で結構弾き易かったです

ツェルニー30番のはなし

ツェルニー30番は先生に習ってた頃にブルグミュラー25の練習曲と平行で練習してたわけですが、結構進みまして、もう練習曲22まで終わって現在、練習曲23を譜読み中です

先生が休職はされた後、AI先生に変わって半年経って、次にB先生に変わって、その間ずーっとブルグミュラー25の練習曲とツェルニーやってたという話をした後、

ツェルニー30番 練習曲19、練習曲21を弾きました

先生から次のような感想を頂きました〜

  • 手首の使い方がしなやかになって上手に使えている
  • とっても綺麗に弾けている
  • 半音階は軽やかさが出せている
  • もうすぐツェルニー30番も終わっちゃいそう

今日はレッスンしてもらってるわけでは無いのでケチ(?)付けられることがありません

なので今日はとっても上機嫌になっちゃいます(笑)

ブルグミュラーのはなし

先生に習っていたころは25の練習曲 第21番 天使のハーモニー まで進んでいたのですが、その後、1年半が経過した現在18の練習曲に入り第5番「泉」まで進んでいることをお伝えしたところ、

「あら〜、18の練習曲に進んだのですね。18の練習曲になってくると、ちょっとショパンエチュードみたいな感じでしょ。第5番、とっても難しい曲じゃなかったかしら?」

とのこと。

わたくしは、いつも好きな曲や自分で練習になると思った曲を選んでいるのですが、ブルグミュラー25の練習曲は珍しく先生から与えられた曲集なのです。でも、25の練習曲に続いて18の練習曲をやっていることはご存じではなかったようです

いやー、先生の仰る通り第5番「泉」にはとっても苦戦していますよ (汗)

という訳でブルグミュラー18の練習曲より第5番「泉」を演奏した後、先生に次の感想を頂きました

  • とっても良く練習しているのが伝わってくる
  • 丁寧に上手に弾けている

ラフマニノフのはなし

続いて、本日のメインディッシュのラフマニノフです

まず、前奏曲 op.23-5 を弾きました

先生に次の感想を頂きました

  • フォルテのタッチが変わった
  • フォルテが良く鳴っている
  • 演奏が進化してる
  • とてもダイナミクスが幅広くなった

フォルテの出し方は、スクールの先生に教わったものです。ロシア・ピアニズムは、幽霊みたいに手をふにゃふにゃさせて鍵盤に軽く触れるだけでフォルテを出すわけですが、そのタッチがとても印象的だったようです

演奏表現に関しては、この曲はスクールの先生に色々細かくご指導を頂いたので確かに進化してるのだと思います

次に、練習曲「音の絵」op.39-2 を弾きました

「この曲、何処かで弾いたような…、いや、弾いてないけど、見た(?)ような…」とのこと。

この曲は先生に楽譜だけ渡してレッスンしてもらってなかった曲であることをお伝えしたところ、先生納得されたご様子。一度楽譜をさらった記憶が蘇ってきたそうです

K.KAWAI KG-2Cの話

お教室のK.KAWAI KG-2Cは、まだちょっと安定していないらしく3カ月に1回調律師さんに見てもらってるそうです

KG-2Cはもっと綺麗な音、大きな音が鳴るようになるハス。

こちらは我が家のKG-2Cのベスト・テイク(高性能マイクを使った録音)です

結び

あっという間に1時間が過ぎて、スクールのレッスンに向かう時間になりました

先生のピアノ教室、価格も値ごろ感あるし悪くないかも。検討の余地ありかも知れません。でも、今の楽器店のピアノサロンのオンライン・レッスンはか通わなくて良いから楽チンなんだよね〜…。

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました