スポンサーリンク

昨日の発表会の感想など。

ピアノ教室

ども。MrBachLoverです。昨日、発表会がありましてラフマニノフop.38-3「雛菊」を演奏してきました。今回は、その発表会の感想と演奏後に頂いたコメントなどについて記そうと思います

レモンちゃん
レモンちゃん

ピアノ発表会お疲れ様ー。で、演奏はどうだった???

わたくし
わたくし

うーん、すごく微妙。弾き始めて1段目ですごく調子が乗らなくって、頭から弾き直しちゃったんだよねー。でも、弾き直してからはかなーり上手く弾けたんだよ。

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

最近Audible で聴いてる哲学書の話

最近、「飲茶の最強!ニーチェの哲学」というタイトルの
Autible聴いていまして、本番当日の午前中に
半分ぐらいのところまで聞き終えました

ニーチェは黒哲学。
つまり現実存在(実在)哲学なのです
(ちなみに、哲学には白哲学と黒哲学しかなく、
白哲学はイデア、道徳など、実在しないものを扱う哲学。)

ニーチェが説く実在哲学は、

人生に意味なんてない、とか、

石を山の上まで持っていって、頂上に置いて、
置いたらすぐ麓にその石が転がり落ちてきたとして、
これを永遠に繰り返す。
キミは、そこに意味が見いだせるか???

とか、

有名どころでいくと、神は死んだ、とかの話。

要するに、かなーり退廃的でやる気がない状態になってしまったのです

私の演奏に意味はあるのか(???)

さて、発表会でピアノの前に座ったわたくし。

わたくしが今から演奏することに
どれほどの意味があるのか、
そもそも意味なんて無いのかも知れない

一生懸命練習してきた。
けれども、
ここでその演奏を披露することで
なにか世の中を良くしたり、
良い方向に変えたりすることができるのか???

やっべー。

モチベダダ下がりだ。

それでも、現実を受け入れなければならない。

演奏を開始

わたくしの演奏に意味があるとか、無いとか、
そんな事はこの期に及んで、どうでも良い。

ちゃんと演奏せねば。。。

ふと、我に返って演奏を開始したものの、
どうにもこうにも気持ちが乗らずに1小節弾いて、
手を止めてしまった。

いかんいかん。ここは本番だ。
演奏するんだ。演奏。

今まで積み重ねてきた努力の結果を披露するのだ。
私の演奏を芸術作品として聴く耳を
持っているピアノの先生が4人も聴いてくれている。

わたくしの心のOSはリブートして、
曲の最初に戻って演奏をし始めた。

演奏を終えて

今度は演奏に集中して
ちゃんといい演奏ができた。

音の間違いは2箇所ほどあったか。
まあ、そんなことは大したことではない。
とにかく、無事、演奏を終了できた。

おめでとう。

わたくしは、自分自身に向かって
そう言った。

演奏会終了後のコメント集

演奏会を終えて、
楽器店の店長にコメントを求めてみた。

(いつもガンガン行く感じの曲なのに)
いつもと違って穏やかな感じの曲でしたね。
あんな柔らかなタッチも持ってるんですね!

友達の友達で初対面の方からは、
とっても良かったです。心が暖かくなる演奏でした
と言ってもらえた

友人Aと友人Bは、「演奏、とっても良かったですー」
の言葉とともに、友人Aと友人Bが一緒に買った
フラワーアレンジを1個プレゼントしてくれた

友人Cは、鯉のぼり絵柄のついた紙の包みのおかし
友人Dは、ロイヤルマドレーヌ(洋菓子)を
プレゼントしてくれた

ああ、なんと幸せなことだろうか。

ニーチェの哲学を中途半端なところまで理解して、
モチベーションが下がってさえいなければ、

弾き直しが入らなかったハズ…、である。

実にもったいなかった。

ニーチェの哲学の続き

今朝、散歩をしならがAutibleの続きを聴いた。

我思う故に我あり。

つまり、一体この演奏にどれほどの価値があるのだろうか、
とか疑ってる時点で、自分が存在している、という話。

もともと人生になんて、
たいした価値はないのだ。

だが、自分はここに確固として存在する。
自信に満ちて今を生きようではないか。

今日が演奏会なら精神衛生面が改善して
もっと良い演奏ができただろうと思う。

自撮り失敗したー

zoom Q4 のピデオレコーダーで自撮りしたのですが
あまりに長い間使ってなかったせいでしょうか、
SDカードのエラーが発生。

せっかく録画した動画が消えてた。

がーん。

でも、友人の友人が動画撮ってくれてたので
後日、動画をいただける予定である。

結び

今日は午後休暇(半休)を取得していて
のんびりブログを書いてます

これから1日掛けて
バッハパルティータ2番のSinfonia を思い出そうと思います

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました