スポンサーリンク

久しぶりのチャレンジコンサート参加の感想

ピアノ

ども。BachLoverです。リーマンピアニストの皆様、人前で演奏する機会を定期的に持っていますか。わたくしはお教室の開催するチャレンジコンサートには出来るだけ参加するようにしています。という訳で8月13日(土)開催のチャレンジコンサートにも参加してきました。

今回はチャレンジコンサート参加の感想レポートです。

レモンちゃん
レモンちゃん

チャレンジコンサートってどんなコンサートなの?

わたくし
わたくし

収容人数10名ぐらい(?)のお部屋で1時間弱の時間でピアノ、サックス、フルートの(主に大人の)生徒さんが参加するコンサートだよ。チャレンジングな曲もOKということでチャレンジコンサートって名前がついてるような気がするよ。ピアノはヤマハのアップライトだよ。

順番はトップバッターでした!

チャレンジコンサートの曲順をみたところ、
出演順番は1番でした。ラッキー !

1番に弾くと、後はずーと聴いて楽しめるので
大好きな順番なのです ♥

わたくしの演奏の出来栄え

演奏内容は良くも悪くも今のわたくしの実力を
そのまんま反映した演奏だったと思おいます

弾いたのは、

  • ツェルニー40番 練習曲9
  • ブルグミュラー18の練習曲 第9番「夜明けの祈りの鐘」

の2曲。

事前に30分、アップライトの練習室を借りて、
籠もって練習したんですけど、

ツェルニー40番 練習曲9は、3〜4箇所、上手く弾けませんでした

でも、ブルグミュラーはほぼバッチリ。
冒頭のメロディーが後半に繰り返される最初の1音だけ
ちょっち緊張して音が上手く鳴らせなかったけど、
それ以外は上手に弾けたと思います

自分に満点をあげたい。

出演者の方の演奏の感想

今回、ピアノで出演した方がわたくしの他に2名、
サックスが2名、フルートが2名参加されていました

ピアノの演奏を聴いて思ったこと

わたくしに続いてピアノ演奏の2人目(悲愴2楽章)の方の
演奏を聴いて思ったことは、

  • 人前で演奏するって、緊張するんだよね〜
  • 後半は凄く綺麗に響いていた
  • 椅子の高さがちょっと合ってなかったのかな

の3点。みんなが知ってる曲って、ハードルメッチャ上がりますね(汗)

もう1人の方は、シューマンの飛翔を演奏されていました
そして、トリ。

とてもお上手でした
沢山たくさん弾き込まれた演奏じゃないかな、って思いました

できればベーゼンドルファーとかスタインウェイとか、
高級グランドピアノでの演奏を聴いてみたかった

せめてC3。

アップライトだと雰囲気があまり出ないんですよね〜

サックスの演奏を聴いて思ったこと

お二人とも、とても活き活きした演奏でした

サックスって、音色がとってもセクシーで、
それでいて、カッコいい!

習い始めたらきっとメッチャ楽しいんだろうな〜

それと、楽器。

ピアノと違って、マイ楽器で演奏出来るのって、凄く魅力的ですね ♥

フルートの演奏を聴いて思ったこと

1人目の方の演奏には、ただただ脱帽。
フルートって、息の50%ぐらいが楽器の外に逃げて行くので
とっても肺活量が必要なんです

なので、ものすごく音を鳴らすのが大変そうでした

でも、とても楽しそうでしたー ♥

2人目の演奏は、サロンのインストラクター(先生)とのDUO.

もう、ほとんど『のだめカンタービレ』の
チアキ先輩とシュトレーゼマンの共演の世界。

この3分だけ、2人の世界にどっぷりって感じでした

それと、フルートの先生の音色に超、超、感動。

なって暖かみのある優しい音を奏でるのでしょうか。

この先生、きっと天才だ。

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました