スポンサーリンク

ピアノレッスンメモ スクリャービンop.8-12 左手続き

ピアノ練習帳

お元気ですか、MrBachLoverです。ピアノ弾きのみなさま、レッスンしっかり活用していますか。わたくしは今日レッスンだったので教えてもらったことをメモに記そうと思います。こうしてメモに残すと暫くして見直した時にとっても参考になります

そして今日はYouTubeで懐かしのオフコースの曲集を見つけたのでご紹介します

レモンちゃん
レモンちゃん

オフコース! 懐かしいんじゃないの???

わたくし
わたくし

そうなんだよ。

Yes-No が流れているよ。ドキドキする歌詞だね

学生時代はキーが高くて歌えな方のにアラフィフになると声のキーが高くなって歌えるようになったよ。

ウレぴー♥

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

今日のピアノ朝練

はい、今日のピアノの練習を始めたのは少し早い昼ごはんの後、12時からでーす。なので、昼練(!?)ですね〜

グランドピアノでスクリャービンの左手パートをひたすら練習しようと思ってたんですけど、ついついツェルニーとブルグミュラーを合計1時間ぐらいガッツリ練習しちゃったー

そしたら、眠くなっちゃいまして、1時間ほどお昼寝タイム〜

あー、よく寝ました。グッド・モーニング! じゃなくて、グッド・アフタヌーンですね

その後、1時間ぐらいスクリャービン左手パートを練習出来ました

楽譜製本

今までスクリャービンop.8-12 の楽譜製本してなくてA3コピー2枚をペラペラ入れ替えて弾いていたのですが流石にこれはまずいか…

という訳で製本したのですが、リーディンググラス(老眼鏡)掛けずに適当に2枚貼り合わせたら、

あれあれ、コレ逆じゃね???

という訳で大失敗。

マズイまずい。レッスンに行く時間が迫ってる!

ということで急いで本来の順番に貼り直して何とか使える楽譜になりました。でも練習時間が15分ぐらい減っちゃった。トホホ(涙)

レッスン開始

さて、今日のレッスンはスクリャービンの左手パート2ページ目からです

まだ2ページ目の和声が分析し切れていません。なので、ホントに音を確認しつつ弾く感じです

  • 2箇所ほど、FからE# に音が微妙に変わっているところがあり、ここ、見落としてました〜
  • オクターブの4,5の指の使い方は基本的にOKでした

スクリャービンは音が大きく跳躍するので、楽譜見ながら弾くのはホントに大変です。今日はできるだけ目を楽譜に向けたまま手元はみないで音をとるようにしてみました

こうするとかなり楽譜に目を向けられて音の読み間違いを減らせられますね

4ページ目の左手の2連符が連続するスゴーくカッコいいところがあるですが、ここの指使いを少し検討したら時間がきてしまいました

チーン♪

帰り道でPTNAの模範演を見てみた

レッスンの帰り道、PTNAのサイトで紹介されている模範演奏の動画を改めて見てみました

この動画は今まで時々見てはいたのですが今日は今までと様子が違います

どう違うのかというと、

アラが見える!!!

演奏されている方に、ほんとにごめんなさい(m(_ _)m)です〜

1ページ目に1箇所、4ページ目も1箇所、肝心なところでベース音思いっきり外してます

さらに、2ページ目の右手、白鍵を16分音符でか駆け上がるところもミスタッチしてます

アラ以外にも、リズムのノリとか、右手が16分音符で駆け上がった後の休符の後の連打とかタメたほうが良いよね〜、など色々を見えてきます

楽譜を理解して音楽を理解できてくると、いろいろ見えてきちゃうのですね

こちらはキーシンさまの演奏。

こちらは文句なしの最高の演奏です。キーシン様、超カッコいいっす

帰宅後の練習

帰宅後、早速スクリャービンop.8-12 左手パートを復習しました

その後、ラフマニノフ前奏曲op.23-5 と 練習曲「音の絵」op.39-2 を練習しました。合計1時間半ほど練習したかな〜

流石に左手の甲あたりが痛くなってきました

今日の練習はこれにて終了ですネ

(オマケ)オフコース、懐かしいです!

もう、終わりだね

君が、小さく見える。…

これはオフコースの「さよなら」の歌詞ですが、この曲流れてきた時点で即、いま開いたYouTube動画をお気に入りに追加しちゃいました。(※動画といってもオフコースのメンバーの写真+流れてくる曲のタイトルの一覧が出てる1枚の画像が永遠に表示されるだけなので実質的に音楽オンリーです)

懐かしいです。中学・高校のころ、ずーっとフォークギター掻き鳴らして歌ってました

でも、キーが高くて歌えなかったんです。それが、どうしたことでしょう。今は最高音もファルセットでしっかり歌えちゃいます

そうです、声のキーが上がったのです

ホモサピエンスの特徴としてアラフィフぐらいになると声の高音域が広がるそうです

なので、憧れのオフコースの歌が歌えるようになったのです

〜 音楽に合わせて歌い中 〜

I LOVE YOU♥ 〜 ♪

どおしたの? … ♪

あなたは、僕を、幸せにしてるヨ ♪

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました