スポンサーリンク

独学DTM:CubaseとGPO5(オケ音源)お引越し 〜 udemy のDTP講座紹介もあるヨ 〜

ピアノ

お元気ですか、MrBachLoverです。ピアノ弾きの皆様、電子ピアノを活用されていますか。私は電子ピアノの録音機能の延長でDTMを始めました。でも、5年前に休眠状態になりまして、最近、新しい電子ピアノを買い替えたので、またDTPをやろうかと思い始めています

でも1つ難点が。

それは、母艦のノートPCがもう使い物にならないほど古いこと。5年前のノートPCのは、WindowsPCの場合はもう太古の昔ですね〜。今回はこのノートPC環境からの脱出劇を綴ります

レモンちゃん
レモンちゃん

5年も前のWindowsノートPCじゃあ確かに性能に難がそうだね〜

わたくし
わたくし

そうなんだよ。ブログを書くのにも、ひと苦労する様になっちゃてさ。

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

わたくしのPC環境の変遷

わたくしのPC環境の変遷はこんな感じです

2016年7月 : Lenovo G50(CPU:AMD-E1, メモリ 4GB, HDD 500GB, Windows8.1 ⇒ Windows10無償アップグレード)
2020年6月 : Lenovo G50改造(メモリ 4GB⇒8GB, HDD500GB⇒SSD500GB)
2020年12月: macbook pro 13インチ (メモリ8GB, SDD 256GB)

DTM環境(Cubase+GPO5)の環境は2016年のWindows10環境(Lenovo PC)の中にあります

そして今のノートPC環境はmacbook pro.

ということはWindows環境のアップグレードも必要という訳で、二の足を踏んでいたのですが、

Amazon整備済み品が目に留まりました

これはこれで、とてもコスパの良いPCがでしたが、わたくし的には致命的な難が2点ほどあり、返品しました

うーん、困った。

普通にオフィス付きのCPU i5以上、メモリ8GB、SSD500GBを探すと7万円は下らないんですから。

ウルトラC発見!

CubaseとGPOの再インストールの過程で、

あれれ、CubaseもGPOはMac版があるじゃん〜

目をパチクリ、パチクリ しちゃいました♥

Amazon整備済みのWindowsノートPCは結局返品することになっちゃったので、

DTMのプラットフォームをWindowsからMacに変更することに決定しました

macbook proにCubaseとGPO5をインストール

Cubaseは、バージョンが Elements 8 なんです。でもって、このバージョンをmacbook pro にインストールしようとしたところ、エラー出まくりでインストールができません

ガーン(汗)。

ネットサーフィンしていると、どうやらCubase Elements 8 を最新版の11にアップグレードするのに3,300円で済むようです

おー、コレコレ!

という訳で、3,300円支払ってアップグレード版を購入。

Cubase に登録したメールアドレスが旧アドレスだったためCubaseサポート担当の方とのメール連絡を行った都合でインストールに1週間ほど掛かりましたが先週末にようやくCubase Elements 11のインストールを完了。

GPO5は、インストールしてキーカード(認証用の画像ファイル)を認識させて、すぐに完了しました

ようやくCubase Elements 11 + GPO5(オケ音源)環境が完成しました!

疲れたー。なんだろう、この妙な達成感は。(笑)

とっておきのお楽しみのご紹介 〜 udemy 〜

最近、udemy というサイトのキャンペーンでお安く2つDTMのオンライン講座を購入しました

Cubaseでトレース作曲~和風ロック系楽曲を作ってみよう~
URL:https://www.udemy.com/course/trace-composition2/

Cubaseでトレース作曲~ロック系アニソン風楽曲を作ってみよう~
URL:https://www.udemy.com/course/trace-composition/

先週末から受講をスタートしています。今のところ、とても順調です

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました