スポンサーリンク

レッスンメモ(School)ショパン、ツェルニー、ブルグミュラー

ピアノ教室

ども。MrBachLoverです。ピアノレッスンはSchool コース(30分x年40回)とSalonコース(30分x月2回)を習っており、本日はSchoolのレッスンでした。2人の先生に同じ曲を見てもらうことも時々あるのですが、視点が全く違っていてどちらも凄くためになります

レモンちゃん
レモンちゃん

2人の先生に同じ曲を習ったら、相反することを言われたりしないの???

わたくし
わたくし

そういう懸念はよく聞くんだけど、今まで1回も現実にそうなったことは無いよ。

レッスン前の自宅練習で覚醒(?)

ショパンエチュードop.10-4を中心に、ツェルニー30番 練習曲30、ブルグミュラー18の練習曲 第8番「アジタート」も練習しました

ショパンエチュードop.10-4は、昨日のSalonコースのオンラインレッスンで指導された内容に沿ってメトロノーム練習を行い、流れが止まらないように丁寧に弾く練習をしました

その後、できるだけ速く弾くという、なんだかスポーツ選手のような、自分の限界へのチャレンジをしました。すると、…

なんか、部分的にめちゃくちゃ 速く弾けるところが出てきました

ただ、この弾き方で3回も練習すると、手の平の筋肉に乳酸が溜まってくるのを知っています

1時間後に、もう1回レッスン室で覚醒させる必要があります

なので自宅練習で覚醒させるのは1回だけに留めておきました

レッスン1曲目:ショパンエチュード op.10-4

さてと。また覚醒させなければ。

できる限りのスピードで、多少のアラが出ましたが最後まで弾き終えました

スピードに関しては、これが限界ということで特に先生からの注文は入らず、音楽的な次の点についての指導を頂きました

  • 右手スタッカート(和音)の音のバランスと、トップノートの目立たせ方
  • 2ページ目、そっと触れるだけのタッチから始まるところ、フレーズの収まりを意識する
  • 最終ページ下半分のスタッカートの扱い

どちらも、企業秘密的な話なのでぼかして書いてますが、いやー、ホント凄くためになる指導でした

レッスン2曲目:ツェルニー30番 練習曲30

繰り返し抜きで1回通し弾きした後、先生にお手本を見せて頂きました

おー、間近でピアニストの指が見れるって、これほど勉強になるのか!

どう弾くか、詳しくは書きませんが、

  • 手の平の筋肉を使って弾く
  • 決して鍵盤押さえ込まない
  • 歌うように弾く
  • 部分的に指レガートも使う

といった感じでしょうか。決して練習曲っぽく弾いてはならない、とのこと。

確かにこうして弾くと全く練習曲っぽくなくなります

レッスン3曲目:ブルグミュラー18の練習曲 第8番「アジタート」

前回のレッスンで指摘を受けた箇所に気をつけて1回通して弾いて、運指について少し相談しました

最後にもう一回通して弾いてレッスン終了の時間となりました

30分レッスンですが、結構色々出来ますよね!

結び:ツェルニー30 番練習曲の次は???

もうツェルニー30番練習曲30まできたので、次はどうしましょうかという話になりまして、ツェルニー100番か40番にしようと思っている、という話を先生にしましたところ、40番のほうが良いということになりまして、譜読みはツェルニー30番とたいして変わらないですよ、という話も先生に頂きまして、

はい、メデタく次の曲集はツェルニー40番に決定しましたー

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました