スポンサーリンク

コンクール予選直前レッスン (schoolコース22.9.17)

ピアノ教室

ども、MrBachLoverです。リーマンピアノ弾きの皆様の中にはコンクール受けたりしてる方もいらっしゃるかと思います。本番直前のレッスンって、どんな感じですか??? わたくし、諸事情により結構ボロボロでした〜(汗)。

レモンちゃん
レモンちゃん

あらら。何やってるのかな〜

わたくし
わたくし

無謀なテンポ設定しちゃって自滅したんだよね〜

コンクール予選4日前に演奏速度が爆上げしたんですけど…

コンクール4日前(当日込)に、
な~んと楽譜指定テンポ(2分音符=92)
で弾けるようになりました ♥

まあ、それは良いのですが、
楽譜指定テンポが限界。

本場は、限界速度の2割下げぐらいで弾く必要があります
それも、限界速度ではノーミスで弾けてないと行けない。

レッスン日の前日に2分音符=92でも
弾けることに気がついた訳ですが、

まだ2分音符=92では時々間違っちゃう。(汗)

テンポ、どうしようか。(…)

うーん、本番のテンポどうしようかな〜

とか、悩んでるうちに
レッスンに行く時間になりました。

チーン。(汗)

レッスン10分からイメージト・レーニング

今回のレッスンでは、

本番のお洋服で、
本番用のエナメル靴で、
電子メトロノームも持ってきて、

本番のつもりで準備してたんですよね〜

そしてレッスン10分前からイメージトレーニング
とかやってみましたが …

レッスン1曲目:モーツァルト ソナチネ kv.439b 1曲目1楽章

レッスン1曲目は、コンクール課題曲の
モーツァルト ソナチネ kv.439b 1曲目1楽章。

まず、通し弾きした後、テンポの話をして、
その後、ご指導を頂きました

レッスンの最初に案の定2箇所ほど支えちゃったヨ

テンポ92は無理っぽいので84とかで
弾き始めたのですが、キッチリ撃沈しました〜。

イマイチテンポ速かったのかも…。
まあ、多くは語るまい。

一言で言うと準備不足ですなー。

先生:本番は、このテンポで行くのですね。
わたくし:はい。(汗)
先生:間違えなければ間違いなく通ります。
わたくし:ですよね〜(汗)

先生に頂いたアドバイス

先生に頂いたアドバイスは次の通り。

  • 冒頭のGGH−、FFD− のスタッカートとリズムの指導
  • (続くテーマ)レガートが切れてる箇所あり。弾き方を指導頂いた
  • バスの伴奏とメロディーの縦合わせ

それと、通し練習もさせて頂きました

先週までのレッスンで弾いていたテンポから激変したので、
先生、ちょっと驚いてましたねー。

それと、本番当日は先生も見に切れ下さるそうですー。♥

レッスン2曲目:ツェルニー40番 練習曲10

一回通して弾いた後、先生に次のアドバイスを頂きました

  • 右手のメロディーのスタッカートは左手のバスより短くしましょう
  • 2ページ目中段、左手でバスを持続する箇所では、もう少し左1,の音量抑えましょう

ほかに問題はありませんでした〜

後はひたすらテンポアップ図るのみです!

レッスン3曲目:バッハ パルティータ2番より sinfonia

残り時間が5分程なので3ページ目から
最後まで弾きました。

先生:どんどん良く鳴りますね。
わたくし:はい。ノリが良くて気づいたら1時間ぐらい平気で弾いちゃってます。
先生:(MrBachLover君の場合)バッハには何かあるんですよ、きっと。
ハッは コンクールが楽しみです。

コンクール本番のテンポ、マジでどうしよっかなぁ

いやー、悩みますね。
楽器店さんのコンクール予選で演奏するテンポ。

  • 2分音符=92は限界なので、NG
  • 2分音符=88もチョット間違いそうでリスキーだが上手く弾けると確実に通る

考え中 考え中 考え中 …

ではでは〜〜


コメント

タイトルとURLをコピーしました