レッスンメモ : ツェルニー40番 練習曲12、13

ピアノサロン

ども。MrBachLoverです。リーマンピアノ弾きの皆様、レッスンの進み具合はいかがでしょうか。わたくしは11月のレッスンを先日2回分まとめて受けちゃったので有料で追加レッスンを受けて来ました。今回も、とても楽しく学びの多いレッスンでした ♥

レモンちゃん
レモンちゃん

レッスン好きだね〜
一人で練習しても上達するんじゃないの?

わたくし
わたくし

一人では自分の演奏の問題点に気づけないことが多いし、
先生な色んなテクニックや知識を教えてくれるから、
一人で練習するより効率が断然良いんだよ。

レッスン前の自宅練習

ツェルニー40番 練習曲13の左手パートを
40分ほど掛けて譜読みして、指を決めてたら
あっという間にレッスンに出かける時間。(汗)

そして天気は、あいにくの雨。

駅の近くの自転車駐車禁止ゾーンの手前まで
傘もささずに頑張って自転車漕ぎました!

そして何とか遅刻せずにセーフ。(ふ〜)

レッスンスタート

実はツェルニー40番 練習曲12も譜読みをしていて、

  • ツェルニー40番 練習曲12(ユニゾンの曲)
  • ツェルニー40番 練習曲13の左手だけ

の2曲をレッスンしてもらいました

レッスン1曲目:ツェルニー40番 練習曲12

この曲はユニゾンで色んなパターンの
分散和音を弾く練習の曲です

まず1回弾きまして、次のアドバイスを頂きました

  • ゆっくりの練習の段階からしっかり備鍵ができている
  • 和声の分析がキチンとできている
  • 2ページ目の譜読みは殆ど問題なさそう

という訳で1ページをもう1回弾いて、
次のアドバイスを頂きました

  • 1-2、5-6 Bar 和声の切り替わる4拍目を意識すること
  • 3-4 Bar 3拍目に跳躍、しっかりsf に入ること
  • 7Bar3拍目から2拍毎に順次進行している点を意識すること
  • 12Bar H -> Aを意識するか、H->G->A->F を浮き立たせるか、好みが分かれる
  • 13 Bar どこを浮き立たせるか、いくつか考えられる(案を提示して頂いた)

ボーと指を動かして練習してたけど
なるほど。

楽譜の読み方が少し変わったような気がします

レッスン2曲目 : ツェルニー40番 練習曲13 左手

左手を弾き進めながら随時ポイントをご指導頂きました

  • 2 Bar、6Bar 跳躍して始まる音でフレーズを分ける
  • 41 Bar 2拍目、次に向かうステップとして弾く
  • 続く2つのフレーズも同様。
  • 2ページ目と4ページ目に1箇所ずつ譜読み間違いアリ

次は右手を見てもらう予定ですが、右手のミスしやすいポイントも1個教えてもらいました

という訳であっという間にレッスン終了です

レッスンの感想

ツェルニーって奥が深いな〜、って思いました

周りのピアノ弾きの何人かに、
ツェルニーなんて面白くないのに
なんで弾くの???
と言われます

ツェルニーを弾く理由は、
確かな演奏、確かなテクニックを身につけるため。

ツェルニー40番は、とても良く考えられてた曲集だと思います

各曲は扱うテクニックが絞られていますから、
キチンと弾けるようにんれば、
そのテクニックをマスターしたことになります
なので常にツェルニー40番の練習曲を
同時並行で3曲ぐらい持ちたいです ♥

ではでは〜



コメント

タイトルとURLをコピーしました