スポンサーリンク

ブルグミュラーコンクール はじめの第一歩

ピアノサロン3楽章【完】
スポンサーリンク

ども、MrBachLoverです。コンクール出場経験のあるみなさんは最初にどんな計画を建てますか? わたくしは動画アドバイス用の動画を撮り終えましたので早速、今日からジプシー譜読みスタートです

譜読み段階で指使いの検討を開始

わたくしは初見で弾くことは絶対と言って良いほどやりません。その理由は簡単で、初見で弾くのとコンクールにむけて仕上げることを目標に弾くのとでは全く内容が異なるからです

で、最初にやることは最初の譜読みの段階でガンガン指使いを検討して決めてしまうことです

指の決め方は、

  • 右手をさらってざっくり指使いのアタリをつける
  • 次に、左手をさらってざっくり指使いのアタリをつける
  • 最後に両手で弾いて、左右の指使いの調整を行う

という感じですねー

ラフマニノフを弾けという本

何故両手で弾いた時に指使いを調整するのかについては、「ラフマニノフを弾け」という本をよく読むとどういうことかがわかりますのでよろしければ読んでみてください

この本をよく読めば確実にあなたのピアノのテクニックが向上するはずです

今日は右手と左手1回ずつ譜読みしました

というわけで、今日は右手と左手1回ずつ譜読みして指の検討をするとともに、どのような和声なのかの響を捉えてみたり、難しそうなところはどこかの探りを入れてみました

明日は両手合わせして指の調和を図っていく予定です

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました