スポンサーリンク

練習の締めにどうしてもラフマ弾いちゃうのであった…ブルコン練習5日目

スポンサーリンク
グランドピアノ
スポンサーリンク

お元気ですか、MrBachLoverです。ピアノ愛好家のみなさん、朝練と夜練やってますか。わたくしは今日もブルグミュラーコンクールに向けた練習などのメニューを消化中です。

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

今日の朝練

今朝は1時間ほどひたすらブルグミュラー ジプシーをゆーっくりのペースで音を間違わないようにして練習しました。

rall とか、スタッカート有無とか、似たフレーズでもスラーの掛かる位置が違うとか、クレッシェンド、デクレシェンドとか、いろいろな記号がたくさん出てきます。

YouTubeの模範的な演奏動画を見て、さらに楽譜とにらめっこ。

正しく読み取れていても、指をその表現合わせて適切にコントロールする必要があります。何度もうまくいかないところをやり直していきます。

うまく弾けるときと弾けないときがありますから根気よく「上手にできた」が3連発できるまで練習します。ノーミスを3連発できたら次に進んでいきます。

1時間も弾くと、もうクタクタ…

どこが疲れるって、

ア・タ・マ

ブルグミュラーの練習の後はラフマニノフ 0p.32ー10 最終ページを譜読みしました。

やぱりラフマはいいですねー。和声がとても豊か。

今日の夜練

今日の夜練では、まず1時間半ほどブルグミュラー ジプシーを練習しました。

最初から部分練習をしながら最後混て進んだあとは最後の2段を通して間違えずに弾く練習をします。さらに4小節ほど手前の部分を追加して通して、また最後まで上手く弾けたら、… という風にして、最初まで繋いでいきます。

この様にして最初から最後まで繋げられれば音を間違えずに弾けるようになります。

これ最低レベルの完成なり。

でも、譜読みしていると、

アレレ、ここはスラーの掛かり方を間違って捉えていた

とか、

cresc. 抜けてたー

とか、

左手は音を伸ばすのに、右手はスタッカートなのね…

とか、いっぱいいっぱいちゃんと弾けてないところが出てきます。1時間半続けて練習していると、

頭から湯気ぽっぽっぽー

というわけで晩ごはんを食べてきました。

その後、

ラフマニノフ Op.32-10 最終ページの練習をして、

最後にラフマニノフ Op.23-10 を間違えない程度のゆっくりのテンポで1回通して弾いて

本日の練習を終了。

チーン

後片付けなど

練習が終わってピアノの蓋を閉じて、セキセイインコのピーターとレモンちゃんの世話をして本日の主な予定は終了です。

<マックの話>

macbook pro mid 2012 に最新OS入れているせいか、今日は朝からmacbook proが落ちまくって、朝と夜に30分ぐらい悪銭苦闘。

ま、古いマシンだからしかたないか。。。

でも、この記事を書いている今現在、安定してきましてmacbook proは問題なく稼働中です。

→ macbook proが悪いわけではなくChrome のオプションのハードウェアアクセラレータ ON の設定が原因ぽかったです。ハードウェアアクセラレータとかWeb閲覧には必要ないもんねー。というわけで設定をOFFIにしたらめっちゃ安定しました〜

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました