スポンサーリンク

スクリャービンop.8-12 両手合わせ2周目

ピアノ練習帳
スポンサーリンク

お元気ですか、MrBachLoverです。みなさま、あこがれの曲への取り組み状況はいかがですか。わたくしは憧れの曲であるスクリャービンop.8-12を少しずつ攻略中です。今回はスクリャービンの練習を含むピアノ練習のメモを綴ります

レモンちゃん
レモンちゃん

毎日ガンバって練習してるみたいだね。良い子良い子。

わたくし
わたくし

褒めてくれてありがとう。でもなんか違うなぁ…

あ、それは僕が君に言うセリフだ!

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

リーマン生活は練習時間の確保が大変!

今週は仕事が遅くまで続く日が2日ほどあり夜のグランドピアノの練習時間を確保出来なかったのですが、こういう時に活躍するのが電子ピアノ。深夜に電子ピアノで少し練習しました

電子ピアノは湿気で音が変わることもありませんし湿気で鍵盤が重くなることもありません。

仕事が遅くまで続いた日以外は毎日、朝練1時間(電子ピアノ)、夜練1時間(グランドピアノ)の練習時間を確保できました

スクリャービンop.8-12 練習状況

今週は、スクリャービンop.8.12をほぼ毎日、朝練20分、夜練20分の合計40分練習しました。単純計算すると月曜から通算して5日間で200分(=3時間20分)練習したことになります

こうして考えると、結構練習してますね。でも流石ピアノ難易度28(最高難度)の曲だけあって、3時間少々の練習ではなかなか上手になりません

20分でどれくらい進むのか

20分の練習で進むのは2段ほどです

右手練習する

左手練習する

両手合わせて弾く

上手く弾けな〜い

一拍ずつ音を確認しながら弾く

と云った感じです

それでも、朝晩2段ずつ練習すると半ページ近く進みます。というわけで、今週の平日だけでスクリャービン両手弾き2周目もなんとか最後までたどり着きました

和音を押さえるのは力技!?

後半2ページは和音中心になります。和音を弾くのは得意な方なので問題ないかな〜、なんて甘く考えてましたけど、3ページ目後半から4ページ目終わりまで両手でガンガン和音を弾いて盛り上げるところは流石にきつくなりそうです

この曲は結構体力勝負なのかも知れません

スクールの先生曰く、4ページ目の最後の段の両手で和音をアルペジオみたいに組み合わせて駆け上がるところでは、腕の疲労がピークに達して大変になるらしいです

手や腕の疲労も含め、この曲の難易度は最高ランクなのですね

昨日のピアノの練習(スクリャービン以外)

昨日のピアノ練習は朝練と夜練合計2時間ほど確保でき、夜練はグランドピアノで練習できました♥

スクリャービンの他に、

ツェルニー30番 練習曲19、21、23 … 朝晩軽く1回ずつ弾く程度
リスト超絶技巧練習曲1番 … 朝練10分、夜練10分
ラフマニノフ練習曲「音の絵」op.39-2 … 朝練10分、夜練10分
ブルグミュラー18の練習曲 第5番「泉」、第6番「陽気な少女」

リストの10分は強力に効果発揮します!
10分あれば、部分練習入れても6〜7回は通せるのです

一方で、ラフマニノフ練習曲「音の絵」は部分練習を入れつつ練習したら10分をオーバーしてiPhoneのタイマーがブーブーと鳴り続けた雑音環境でエンディングを迎えることになります

でもリストのほうが圧倒的に練習不足で仕上がりが悪いので暫くこの時間配分を継続する予定です

ツェルニー30番は練習曲23が譜読み中でまだよちよち弾きって感じです。練習曲21はテンポ上げると少し転ぶので丁寧にテンポ抑え気味に弾いています。練習曲19は、かなり指に馴染んできたように思います

ブルグミュラー「泉」は、まだミスが出ちゃいますが仕上がりつつあります。「陽気な少女」はゆっくりのテンポでもつまずく箇所が3箇所ほどあり、部分練習ガンバっているところです。どちらの曲も練習曲って感じでとてもよい指の訓練になると思います

(オマケ①)オーディブルで聞く江戸川乱歩「陰獣」

いやー、かなり人間の心の陰に迫る内容でした。ハゲ頭の旦那さんが、実は夜になるとムチで奥様を、

ペチン!

みたいな話が出てきたり、殺人あり、ロマンスあり、いつもの鋭い考察を要する推理あり、とまあ江戸川乱歩の魅力満載の小説でした

これを散歩やジョギングをしながら数日で聞き終えることが出来るというのは、まことに便利な世の中になったものです

(オマケ②)禁酒を継続中

いやー、人間、やれば出来るものですね〜。5月31日からアルコール飲料を全く飲んでいませんが、ピンピンしています。それどころか、夜ご飯のバカ喰いも少し抑えられた気がします

酒は百薬の長という言葉は中国の「新」の時代にアルコール飲料を売りまくって税収入を得ようとして作られたキャッチコピーなのですね

科学的にはアルコール飲料は百害あって一利なし

ただしコミュニケーションの場ではアルコール飲料を飲むことで心理的なバリアが下がり、本音で語れるようになるためアルコール飲料が非常に有効に機能するようです

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました