スポンサーリンク

本番1週間前の練習について考える

ピアノ

お元気ですか、MrBachLoverです。ピアノ弾きのみなさま、本番の1週間前はどんな練習メニューを組みますか。わたくしの場合、本番1週間前は録音してパフォーマンスをチェックする様にしています。ちなみに、本番2週間前から録音によるチェックを行っています

レモンちゃん
レモンちゃん

録音してチェックするとどんなメリットがあるの?

わたくし
わたくし

マイクを意識するだけで結構いい緊張感が生まれるよ!

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

リスト超絶技巧練習曲第1番の自撮り(Sony HDV-MV1)

なんつーか、結構よく撮れてる気がします。ピアノがガンガン鳴っている感じがとても良く伝わってくるように思います

良いレコーダーって、こういうことなんですね〜

肝心の演奏は…

で、肝心の演奏の出来栄えですが、まあ、これを本番でも演奏出来たらOKなんじゃないかなって思います。何箇所か怪しいところとか間違っちゃったところとかありますが、安定して良い演奏が出来る様に、残り1週間丁寧に練習して仕上げようと思います

ラフマニノフ練習曲「音の絵」op.39-2はどんな感じ?

1週間後の本場でラフマニノフ練習曲「音の絵」op.39-2も弾くのですが、これは結構な修正が入ったこともあり、今日は散々録音した挙げ句、ベストなテイクは残せ無いまま、指がバテて練習を終了しました

でも弾けてないところや課題が浮き彫りになり、本日かなり追い込んで修正したので、明日以降も朝練と夜練で練習を継続して完成度を高めたいと思います

本番1週間前から本番までの練習メニュー

いつもの練習メニューはツェルニーとブルグミュラーもしっかり練習する感じなんですけど、本番1週間前から本番までは基本的に発表曲中心にしていて、ツェルニーとブルグミュラーはアップでゆっくり目のテンポで1〜2回通して弾くだけにしています

さて、本番うまくいくかな〜

残り1週間しっかり練習を積み重ねようと思います

それと、本番1週間前から本番までの間は、決して弾きすぎてはいけないので、そこんとこも注意して練習しようと思います

スクリャービン練習曲op.8-12練習状況

超ゆっくりのテンポで最初から最後までだいたい通せるようになってきました。人間、やれば出来るようになるものですね〜。未だまだ通すのに20分ぐらい掛かりますけど。

ちなみに、わたくしの座右の銘は、「為せば成る」です

まあ20分掛かるのは想定内です。とにかく間違わないで丁寧に、そして、しっかりと音を鳴らして弾く練習をして徐々にテンポアップを図ろうと思います

そして、これを7倍ぐらい速く弾けるようになれば、

上がり

ですね〜

それにしても、本当にスクリャービン練習曲op.8-12は良い曲です。弾いていてじわっと感動がやってくる感じなのです

和音が実に美しいです。所々、パンチを聴かせるために和音が分厚くなるところがあり、そういうところも含めてとても弾き応えのある曲です

結び

今日もいっぱいピアノ弾いていっぱいブログ書いて、いっぱい運動しました〜

さて、もうチョットだけ電子ピアノ弾いてから床につくことにします

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました