スポンサーリンク

コンクール予選の感想(その壱)今まで受けたコンクール

ピアノ練習帳

お元気ですか、MrBachLoverです。ピアノ弾きの皆様、コンクールの経験はお持ちですか。今日は、わたくしの通っているお教室(楽器店さん)のコンクールの予選でした。わたくしは、3年前から毎年コンクールにチャレンジしています。あ、毎年予選落ちですが(笑)。そこで、わたくしの受けたコンクールについて弐回に分けて綴ります

今回は過去に受けたコンクールについて綴ります

レモンちゃん
レモンちゃん

なんでコンクールなんか受けてるの???

わたくし
わたくし

自分の現在位置をできるだけ客観的に知るためだよ

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

今まで受けたコンクールは3回(全て予選落ち)

今までコンクールを3回受けました。

  • コンクール1回目:2018年9月【結果】予選落ち
  • コンクール2回目:2019年9月【結果】予選落ち
  • コンクール3回目:2019年10月(ブルグミュラーコンクール)【結果】予選落ち。奨励賞付き

いやー、見事に全て予選落ちですねー(汗)。さて、どんな風にして予選落ちしたのかを振り返ってみましょう。

コンクール1回目

2018年9月に通ってるお教室(楽器店さん)のコンクールを受けたました。これが始めてのコンクールです。コンクールを受ける決意をしたきっかけは、お教室の初めての発表会。

2017年7月のお教室の発表会でラフマニノフop.3-2「鐘」を弾きました。演奏はそこそこできが良かったと自分では思ってて、当時のピアノインストラクターさんにも絶賛してもらって本当に嬉しかったんです

でも、なんか、こう、評価みたいなものって、もらえないのかなぁ…

発表会では、

  • あの人はそつなく上手
  • この人はミスを何度も弾き直して曲が永遠に終わんないかと思った
  • 別の人は結構いい味出してた
  • 最後に弾いた人は素晴らし演奏で感動した

みたいなのはありますけど、じゃあ、自分の演奏ってどうだったんでしょう???

どれくらい上手か、あるいは、どれくらい下手か、を知りたくなっちゃったんです

そこで、コンクールにチャレンジしました

結果は予選落ち。

審査員5名の方のフィードバックのサマリは、こんな感じ〜。

良かった点

  • 楽譜を良く見て丁寧に弾いていた
  • 細かな表現を良く付けられている
  • 片手だけで歌うところ、思いがこもっていて良かった
  • ご自分の表現を工夫した演奏
  • 世界観があるのは、わかる

課題

  • 拍感が出せてない
  • 音楽の流れができてない
  • マズルカ風のところの工夫が足りない(曲はショパンのマズルカでした)
  • ホール全体に音を響かせること
  • ペダルが濁っているところアリ
  • 曲に変化が付けられていない
  • ペダル使いすぎ
  • ペダルで指を助けている
  • 3連符揃ってない
  • 左手伴奏の安定感が足りない
  • テンポが停滞気味だった
  • 音楽が前向きのところと緩むところのメリハリをつけること

結果を見て考えたこと

確かに、この時の演奏は拍感が足りて無くて音楽の流れが作れていないと思いました。

これは致命的。

だけど色々言いたいこともありましたね〜

まず、ペダルのこと。

ショパンの曲に関しては、ペダルで響きを作るべきと考えています。だからペダル使いすぎだの、ペダルで指助けすぎだの、って、なんだこれ???

また、3連符が揃ってない、って、なんですか???

プロのすごく甘い演奏聴いたら3連符なんて全然揃ってないんです。ていうか、わざと聴衆を飽きさせないように表現を変えてきてる

プロのような演奏をしたい、って思ってるのに、3連符が揃ってないからって評価点を低くするって、

いったいどうなんだろうって個人的にかなりカチンときました

コンクールでは杓子定規に弾かないとイケないの???

そんな演奏絶対にしたくないですね〜

ということで、当時のピアノインストラクターさんと相談して、次回コンクールでは古典で勝負しよう、ってことになりました。古典の曲はペダルを最低限に留めて弾くし、3連符だって、カチっとひくものですから。また、3年前の当時に導入したカワイ・グランドピアノKG-2Cは鍵盤が重めなので指をしっかり鍛えられます

という訳で選んだ曲集は次の3つです

  • ソナチネ(1楽章のみ抜粋で5〜6曲)
  • ブルグミュラー25の練習曲
  • ツェルニー30番(←これは自分で選んだ)

今にして思えば、とても正統派な感じですね。

これを1年取り組めば評価を満たす演奏を出来ると思ったんです

ところが…

コンクール2回目

翌年(2019年)のコンクールの課題曲(3曲ある)をみて、

愕然。

古典がなーい!!!!

という訳で、ロマン派のブラームスを選んだんですけど、まだブラームスには手が届かなかった。本番で同じところを2回ほど弾き直しやっちゃって、

敢えなく撃沈。

弾き直しって、絶対に駄目なんですよ。

だって、音楽の流れが止まっちゃう。

しかも、2回も!!!

コンクール3回目(ブルグミュラー コンクール)

翌々年(2020年)のお教室(楽器店さん)のコンクールは、スキップされちゃいまして、

あれれ、コンクール受けたかったのに〰、という訳で何か良いものは無いかと探していたところ、

「ブルグミュラーコンクール東京12月」を発見。

コンクールまで1ヵ月ほどでしたけど頑張って取り組みました

結果、イマイチ準備不足で撃沈。

本選には進めませんでしたが奨励賞を頂いて、

超・超・嬉しかったです

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

(次回に続く〜)

コメント

タイトルとURLをコピーしました