スポンサーリンク

エースをねらえ!第7話 弾丸サーブのお欄!を見て

ピアノ練習帳

お元気ですか、MrBachLoverです。リーマンピアノ弾きの皆様、アニメはお好きでしょうか。わたくし、アニメ大好きでして、特にスポ根ものが大のお気に入り。最近、エースをねらえ!が再放送されてまして、第7話を見て超感動。ピアノコンクールとの関連性などチョット書いてみようかと思います。ついでに、万年銀賞の人をみて思うことなども。

レモンちゃん
レモンちゃん

えー、テニスとピアノはぜんぜん違うよー

わたくし
わたくし

僕もそう思って見てたんだけど、意外や意外。すごくコンクールにマッチするセリフを見つけちゃったヨ

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

エースをねらえ! あらすじ

スポーツ根性ものアニメの傑作。
同名のTV作品は1973年から放映され全国にテニスブームを起こす程の大ヒットとなる。

県立西高の1年生、岡ひろみ(ヒロイン)は、”お蝶夫人”こと竜崎麗香の華麗なプレーに憧れ、軽い気持ちで名門テニス部に入部する。

だが、新任の宗方コーチは、平凡な彼女の中に潜む才能を見抜いていた。

お欄はどんなキャラ?

真夜中に、誰もいない壁打ちができる場所で、ひたすらサーブの切れを磨き上げ、凄いサーブを打つ。お欄はそんな選手。ある日の真夜中、ひろみは自主練習しようと場所を探していたところ、偶然弾丸サーブ練習中のお欄を見てしまう

そして、ひろみは県大会の決勝戦でお欄と試合する運びとなり…

まぁ、普通に、負けますよね〜

敗因は、

試合する以前に、気迫で負けている

という話です

宗方コーチの名セリフが炸裂

県大会まではチーム戦なので、県立西高は5人中3人が勝って、次に進めました。

という訳で、宗方コーチがひろみを特訓するのですが、
ひろみが特訓に耐えられなくなって、

「コーチ、わたし、テニスが怖いんです」

と言い出しちゃいます

そこで語った宗方コーチのセリフがすばらしい。

<< 宗方コーチのセリフ >>
誰だって怖い
怖いだ。みんな
だから練習する。その怖さと戦うためにな
コートでは、誰もひとりなんだよ
岡。分かるな。コートで頼れるのは自分のチカラだけ
チカラを出すには、自信が要る
自信をつけるには、とことん練習することだ

ピアノ発表会に当てはめてみると…

ピアノの生徒:先生、わたし、発表会が怖いんです
ピアノの先生:
 誰だって怖い
 怖いだ。みんな。だから練習する。その怖さと戦うためにな
 ステージでは、誰もひとりなんだよ
 分かるな。ステージで頼れるのは自分のチカラだけ
 チカラを出すには、自信が要る
 自信をつけるには、とことん練習することだ

ホラね。”コート”の文言を”ステージ”に入れ替えただけ。

ピアノってスポ根だったんだなー(!?)

いやー、コートもステージも同類だったとは、知らんかった

スポ根ものアニメってホントに面白いんですよね〜

  • 主人公(ひろみ)成長があって、
  • 先輩“お蝶夫人”)、後輩のひろみの成長に微妙に恐れを感じ始め、
  • 2年生なのに選手から外された緑川さんは、嫉妬で岡さんをいじめる

そうそう、緑川さんが選手(部内枠5名)から外された理由はまた、
核心を突いているんです。理由は、

お前のプレイは“お蝶夫人”のマネ
マネはどこまでいってもマネだ
マネでは”お蝶夫人”は超えられん。

っていう話。

これまた、ピアノと同じですよね〜。

万年銀賞

銀賞が悪いとは言いません。すばらしいことです

ただ、ピアノの先生に教えてもらった通り弾けるようになっても、
本質的に自分の心の内側から出てきた表現ではない訳で、
どこか、取ってつけた感じがしちゃうんでしょうか…

そういう感じが出ちゃうと一等賞は獲れないのかも知れません

そもそも予選通過してない人(=わたくし)が言う話では無いですけど。WWW

結び:教わらないという強みの磨き方

ピアノは先生に教わって習得するもの

確かにそうかも知れない

でも、リヒテルは、ほぼ独学でピアノをマスターした

リヒテルがピアノを始めたのは9歳の頃で、
音階練習は一切せず、いきなりショパン夜想曲1番から開始。
2曲目は、ショパン練習曲op.25-5。
19歳でリサイタルを開いた

ショパンだって、基礎的なことは教わったけれども、
ベートーヴェン、モーツァルト、バッハなどの曲を
自由に弾かせてもらって個性と感性を磨いたって
聞いたことがあります

時として、先生より鋭い解釈、閃きを持てるような生徒でありたい、
わたくしは、そう思うのです

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました