スポンサーリンク

レッスンメモ(School) 6月18日 ツェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト

ピアノ教室

ども。MrBachLoverです。ピアノ弾きの皆様、今日も元気にピアノ練習していますか。わたくし、昨日はあまりピアノの練習時間が確保できてないですー。レッスン前に1時間半、レッスンの30分、帰宅後のレッスン復習に1時間の合計3時間だけ。あれれ、それなりに練習してましたー。という訳で今回もレッスンのメモを残しておこうと思います。

レモンちゃん
レモンちゃん

キミは本当にピアノ好きだよね〜

わたくし
わたくし

そだねー。ピアノ大好きだよ。でも、いくら練習しても上手にならないんだよね〜。練習が足りないのか、練習方法が間違ってるのか、そもそも才能が無いとか…。

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

土曜日は、部屋の掃除と筋トレからスタート

最近、土曜日はとりあえず何も考えずに

  • お部屋のお掃除
  • 筋トレ

しています

いやー、インコちゃんのケージのお掃除とかで
ダストボックスが毎週結構いっぱいになるんです。
土曜日朝イチで部屋の掃除をしておかないと、
恐ろしい結果に… (汗)

筋トレは、まあ普通にやってます

  1. 腕立て伏せ20回
  2. ニー・ツゥー・チェスト 20回
  3. スクワット(10kg ダンベルx2個かついで)x20回
  4. ランジ(10kg ダンベルx2個かついで)x10回
  5. サイドランジ(10kg ダンベルx2個かついで)x10回
  6. プランク 30秒 x2回
  7. 再度プランク 30秒 右1回、左1回
  8. 縄跳び 500回

こんな感じ。
最近のテーマは『腹圧UP』です
このメニュー、結構いい運動になるでヤンス。

レッスン前の練習

今回は何を習おうか…。手を付けてる曲が多すぎなので、
悩み中・悩み中・悩み中 …

  • ツェルニー40番 練習曲9
  • ブルグミュラー 『朝の祈りの鐘』
  • モーツァルト ソナチネ k.v.439b 第一番 一楽章

に決定。

という訳で、この3曲を30分ずつぐらい練習しましたけど、
全然弾けるようにならない…

ダダのグチ

わたくし、やはり才能無いのかしら。
中学時代、全然ピアノが上手にならなくて、
あー、僕って音楽の才能ないんだな〜、
よくそんなことを思っていました

初見の能力とか、ホント全然ダメダメです(笑)

でも、まあ、プロになるわけでもないですし
デビューする訳でもないですからね〜

何処かのコンクールで金賞とってみたい。ダダそれだけでヤンス。

レッスン1曲目:ツェルニー40番 練習曲9

一通り弾き終えて、先生のコメントは、

  • 指は決まった感じですね
  • 次は速いテンポで弾く練習をしましょう
  • 四分音符でメトロノーム練習しましょう
  • (2ページ目下の段)ここ#抜けてますね〜
  • (2ページ目下の段)この和音は減七では無くA7ですね〜

しばらくテンポアップの練習しました〜

そんな、すぐテンポ上がんないですよね(汗)

そして、すこしこの曲の感想など先生に共有しました

(わたくしの感想)
実にいい曲だと思う。
特に最後のページ(4ページ目)後半の右手パートとか、
多幸感に包まれる感じがする
2ペジ目は、左手の跳躍がかなり難しい
テンポアップは運指がちゃんとカラダにっ入ってきてから頑張る予定なのです

レッスン2曲目:ブルグミュラー『朝の祈りの鐘』

まだ右手しか練習出来てないのですが、
ちょっと見ていただきました

左手パートの『鐘』の音の響かせ方を
少し教わりました
腕も使って、こんな風に…
(先生に実演していただきました)

やっぱリアルレッスンって良いですね!

レッスン3曲目:モーツァルト k.v.439b 第一番 一楽章

この曲はピアノのために書かれた曲ではなく、
木管楽器のアンサンブル曲をだれか無名の人が
ピアノ用に編曲したものです

という訳で、結構弾きにくいんです

時間があまり無かったので1ページ目だけ見てもらいました

コンクール課題曲なので二分音符のユニゾン(トゥッティー)
以外はノンペダルということになりました

個人的には、ペダルを使って響きを作って弾いてみたいところです
ちょっとペダル付けたバージョンも練習してみようと思います

結び

レッスンの帰りの電車の中で、
ツェルニー40番の模範演奏の
アルバムをポチっちゃいました!


でも、実は16年前にもCD買ってたんですよねー
16年前に買ったのはこのCDです

40曲全てに短い解説が付いています。音源購入だとライナーノーツが付いてこないので
CDで買うのも悪くないですね〜

ちなみに、練習曲9 の解説を要約すると、

・5本の不揃いの指で均等に音を鳴らす練習になる
・音形を拡張してスケールにつなげている
・音楽的には、左手で指の練習の音形を弾いて右手でメロディー歌う箇所もある

といった内容が書かれてました
全音の楽譜の解説とは違った角度で曲を見ることが出来るので
このCDジャケットの解説はとても良いな〜と思いました
そして、演奏・解説の田村宏さんの実力に改めて感動 ♥

今回購入した模範演奏音源より断然、田村宏さんの演奏が良いです
反田さんがラジオでおっしゃってましたけど、
人柄がピアノの音に現れる。まさにそんな演奏です
そしてツェルニーの狙った効果を抜群に引き出している感じ。

田村宏さんの弾くツェルニー40番を聞きながら、
あー、いつか、こんなツェルニーが弾きたい
と思ってしまいました

さらに、田村宏さんが書いた本まで買っちゃいました

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜


コメント

タイトルとURLをコピーしました