ショパン練習曲 op.25-11『木枯らし』レッスンメモ(schoolコース)、バックハウスのエピソードなど。

ピアノ

ども、MrBachLover(バッハラバー)です。ピアノ弾きの皆さま、レッスン頑張って通ってますか。わたくはschoolコースに3年前から通っていて過去熱が出て1度休んだ以外はきちんと通っております。さて、今回はschoolコースのレッスンメモです。

レモンちゃん
レモンちゃん

schoolコース、もう3年も通ってるんだね。

わたくし
わたくし

そだよー。毎回いろいろ学ぶことがあるよ。

レッスンメモ(ショパン練習曲op.25-11『木枯らし』

今回のレッスンでは次のことを習いました

  • 冒頭、静かなパートの後、左手に最低音のAを
    足すのはアリ(サンソン フランソワは足している)
  • 同じ箇所、右手溜めるのアリ
  • 速く弾くコツはバッハと同じ
  • 6っのまとまりを意識

そのほかは、今のまま練習を重ねればOKとのことでした

雑談コーナー:バックハウス

わたくし: バックハウスのでカーネギーホール
  リサイタルのCD(ベートーヴェン 月光、ハンマークラヴィーア)
  を買ったんです。バックハウスが72歳の時の演奏です。
  アンコールでショパンop.25-2をインテンポで弾きこなしてます。
  もう、すごく良いですよ!
先生: お、良いですねー。買ってみよっかなー。

わたくし:バックハウスはベートーヴェンの
  ハンマークラヴィーアでルービンシュタイン賞を
  受賞していて、その時の2位がバルトークだったそうです。
先生:すごい時代ですねー。
わたくし:バックハウスは10歳のときブラームスに
  会っていて、未来を祝福する言葉を頂いたそうです。
先生:いいなー。。。。(笑)

バックハウスは移調の天才だったそうで、

グリーグのピアノ協奏曲のリハで半音低く調律された
ピアノが置かれていたので即座に移調して
リハを何事もなかったかのごとくこなして
本番はノーマル調律のピアノで演奏したのだそうです

凄すぎます!

(関連記事)

大ピアニストは語る

『大ピアニストは語る』という本(20名の大ピアニストの言葉を綴った本)
の中でバックハウスがでてきまして、バックハウス曰く、

スケール、アルペジオ、バッハ、
これが私のテクニックの基本である

と語っています

created by Rinker
¥3,520(2024/02/23 12:22:24時点 楽天市場調べ-詳細)

(関連記事)

(関連記事)

今回はこんな感じ〜

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました