スポンサーリンク

レッスンメモ(School) 速弾き以外はもう持っている

ピアノ教室

ども。MrBachLoverです。6月11日(土)は、ピアノ(Salon)のレッスンに続いてピアノ(School)のレッスンも受けてきました。という訳で今回はピアノ(School)のメモを記します。

レモンちゃん
レモンちゃん

レッスンの梯子なんてしちゃって、見てもらう曲あるの???

わたくし
わたくし

あるんだな。これが。更に今日レッスンを受けた曲以外に2,3曲持ってる始末…

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

レッスン前の自宅練習

今回はレッスンでショパンエチュードop.10-4速弾きの方法を習いたい!
バッハ パルティータも習いたい!
という訳で、この2曲を自宅で練習しました

更に、ツェルニー40番 練習曲9、モーツァルト ソナチネ K.V.439b も練習しましたー

レッスン1曲目 : ショパンop.10-4

まずはショパンエチュードop.10-4から見ていただきました
1回通して弾いた後、アドバイスを頂きました

先生:もうすぐ弾けますね。そうそう、この練習をしてみると良いですよ
わたくし : はい。その練習ですね!
(その場で、しばらく練習…)
先生 : 良いですね〜。ちょっとしたことなんですけどね。もうかなり出来てきてる。
わたくし : ヤマハグランドC3はとても練習しやすいですねー
先生 : 確かに、ヤマハは練習しやすいですねー
わたくし :家のカワイは鍵盤が重めで少しやりにくいけど、逆に離鍵は楽なんです
先生 : それはありますね〜

もうかれこれ10-4 の練習を半年ほどやってますから、
それなりに上達した模様。

そして、先生曰く

『このテクニック(速弾き)を手に入れれば
他のテクニックはもう全部持っているから
リサイタルが開ける』

のだとか。ケンシロウ風に言うと
『お前はもう、持っている』(笑)

以前に、ピアノ友達にも似たようなことを言われたことがあります
『あんた、還暦になったらリサイタル開きなよ!』

これ、アリかも〜 ♥

お客さん入るかどうかは別として、
還暦に目標を置いて自分で納得行くまで
曲を仕上げてリサイタルっていうのは
考えられなくないですねー

夢の還暦デビュー(!?)

発表会は、いつも5分間のリサイタルのつもりで頑張ってます〜

レッスン2曲目 : バッハ パルティータ2番 Sinfonia

次はバッハ パルティータ2番 Sinfoniaを見ていただきました
頂いたアドバイスは、

もう暗譜できてますねー
次は一定のテンポで弾けるようにしていきましょう
練習方法は、こな感じ。左手がポイントです
メトロノーム活用してみてください
ページ単位で区切ってやってみましょう

という訳で、次回レッスンまで部分練習中心で
しっかり弾けるようにして行こうと思います

今日はこれからピアノサークル参加なので〜アリマス。

(楽譜のお片付け中の会話)
わたくし : これからピアノサークルがあるので
カワイショップのSK-6で10-4 を弾いてきます
先生 : ぜひ、あの練習してみてください
わたくし : はい。いっぱいあの練習して感覚掴んでみます!

ということで、次回ブログ記事を乞うご期待!
(現在、記事を準備中。明日の午後11時にアップする予定です)

結び : 生徒をお客様扱いする/しないは別として…3つのチカラ

今回も、とても有益なアドバイスを沢山もらえて楽しいレッスンでした

こちらのお坊さんの動画、ちょっと参考になりましたー

生きる上で、働く上で大事だと感じるチカラ3つ。

  • 教わるチカラ
  • 伝えるチカラ
  • 行動力

凄く本質的なことが語られています。特に『教わるチカラ』です
学ぶチカラ、とも言っています

みんな、褒められたい、認められたい、優しくされたい、と思うから、
スクールというところでは、『お客さん』としての学生になる。

本気で生徒に火を付ける先生はめったにいないのだとか。

これ、わたくしの場合はちょっと違ってますね〜
まず、褒められたい、認められたい、優しくされたい、とは思って無いかも。
次に、自分が納得しないと、その曲の合格を出さない。
後1つ。いま習ってる先生の教えるチカラが凄い。

昭和のサラリーマンは、『オレの背中を見て学べ』
みたいな教え方してましたよね

でも、指導のスキルって、確かに存在する。

生徒をお客様扱いせず、生徒として扱って、
なおかつ、厳しくなくて、優しくて、
生徒の実力をグーッと引き上がられる

そんな先生が確かに存在します

その違い、たぶん

  • 法家
  • 儒家

の違いかも知れません

厳しい先生は『法家』のようなもので、
優しい先生は『儒家』のようなもの。

かなぁ…

それと、伸びる生徒は誰が教えても伸びる。

大事なのは、

(指導力のある先生を選ぶことに加えて)
自分で自分をトレーニングするという意識を持つこと

だと思います

 にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックし頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました