スポンサーリンク

school レッスンメモ:モーツァルト ソナチネ、バッハ パルティータ2番 sinfonia

ピアノ教室

ども。MrBachLoverです。リーマンピアノ弾きの皆様、明るく楽しくピアノレッスンに通っていますでしょうか。わたくしは本日 Piano School(30分枠x年間40回 上級II コース)のレッスンに行ってきました。30分なのに中身が超充実。今回もマスタークラス並のすんばらしいレッスンをしていただけました ♥

レモンちゃん
レモンちゃん

マスタークラスって、すんごく高いんでしょ?

わたくし
わたくし

ちょっと調べてみたよ。ピアニスト金子三勇士さんは40分で1万5千円だたねー。
海外著名ピアニストだと1時間5万円とか10万円とかするんじゃなかったっけ…。
僕のレッスン料金は30分で4千円ちょっとだから、内容が濃くてマジでお得感満載だよ。

本日の午前中は田村宏さんの本を読んでました

楽しかった会社9連休も明日で最後。
という訳で午前中はずーと
田村宏さんの「ある長老ピアニストのひとりごと」
を読んでました

後少し読もう。
もう1つエピソードを読もう。
… と読み進んでいると
いつの間にか最後まで
読み終えてました

コチラの記事で紹介していますので、よろしければ。

自宅でのピアノ練習

本日は、午後に1時間半ほどピアノを練習しました
練習内容は、

  • ツェルニー40番 練習曲9(メトロノーム練習)
  • ツェルニー40番 練習曲10(譜読み)
  • ブルグミュラー18の練習曲 第9番『夜明の祈りの鐘』
  • モーツァルト ソナチネ
  • ショパン エチュード op.10-4
  • バッハ パルティータ 2番より sinfonia

です

ツェルニー

ツェルニー40番 練習曲9 は
メトロノームの刻みを
8分音符=160から 200まで
順にあげて練習しました

そしたら、とっても疲れちゃいまして、
気がついたら30分くらい寝てました。ZZZzzz…

ツェルニー40番 練習曲10は、
ゆっくり1回両手合わせて弾きました
この曲は、なっかなか頭に入ってこなです(汗)

ブルグミュラー

ブルグミュラー18の練習曲
第9『夜明けの祈りの鐘』の
演習中です

なんとな〜くスムーズに
弾けるようになってきた
感じです

  • 情感たっぷりに
  • ハーフペダルたっぷりに
  • 響きたっぷりに
  • メロディー目立たせて、
  • テンポの揺らし方(パートごと)も計算して

2回ほど練習してみました

まだゆっくり目のテンポで練習中です

モーツァルト ソナチネ

この曲はコンクール地区大会の
課題曲なので、
3〜4回弾きました

3度の連続のところだけ
突出して難しいです

おまけに昨日の夏短期レッスンで
3度の連続の所の指を
変えちゃいましたので、

まだまだスラスラとは弾けないです(汗)

※この曲は今回レッスンを受ける予定の曲です

ショパンエチュード op.10-4

この曲はコンクールに出す訳では無いのですが、
指を速く動かす練習ということで
毎日弾いています

段々ミスが減ってきた様な気がします

弾き込みはとても大事ですね ♥

バッハ パルティータ 2番より sinfonia

段々とテンポアップ出来るようになってきました
前半はほぼインテンポで弾けるようになりました

問題は後半

後半部分はテンポアップしても間違わない箇所と
ミスタッチが出てしまう箇所があります

なので1回通して弾いた後、
後半部分に集中して
ミスタッチが出ないギリギリのテンポで
4から5回ぐらい練習しました

そして、部分練習もちょっと入れました

でもって、またまた頭が
飽和してきまして、

ちょっと休憩入れてたら、
あらあら。もうお出かけの時間です

※この曲の後半も今回レッスンを受ける予定の曲です

レッスンメモ

わたくし:先週末の日曜から月曜(祝)に掛けて富士山に登ってきました〜
先生:へー。
わたくし:御来光の写真です!
先生:あらー、とっても美しいですね

という訳で、軽く会社の夏休みの
連休中のお出かけ話などをしてから
レッスンに入りましました

それにしても富士山から見る
御来光の景色ってホント神秘的。

レッスン1曲目:モーツァルト ソナチネ

まずモーツァルト ソナチネを通して1回弾きました

想定通りといいましょうか、
3度の連続の箇所で案の定、
支えちゃいました。WWWwww-

でも、その他の所はまーまー弾けた感じです

先生:モーツァルト、楽しいですね〜
わたくし:そうなんです。モーツァルト節が随所にあって、ホント、名曲と思います
先生:ですね。

このモーツァルト ソナチネは、
木管合奏用に書かれたディベルティメントを
無名の人がピアノ用のソナチネに編曲したものです

なので、本当は快活なテンポで弾くべき曲。

ただ、編曲ものは往々にして
弾きにくくなる箇所がでてくるので、
そこ(2段目の3度の連続箇所)が難所。

次のアドバイスを頂きました

  • こう弾いちゃうと、落っこちちゃうんです(実演あり)
  • こう弾かないとだめで、ここはこんな風にして繋げるんです(実演あり)
  • ここも、こんな風につなげるんんです(実演あり)
  • ここは、ポリフォニー。(実演あり)
  • ここは、弦楽器をイメージして。
  • ここは、両端の音を出すか、内側の音を出すなどの検討必要です
  • モーツァルトなので、フォルテの音量はほどほどでOK
  • ここはどこまでpに出来るか、頑張ってみましょう
  • ここは終止なので、上手に収めてください。

など …

もう書ききれないくらい沢山たくさんアドバイスを頂きました

特に3度の連続の箇所のアドバイスは、
すご〜くありがたかったです!

バッハ パルティータ2番より sinfonia 〜後半

レッスン時間が残り7分ほどなので、
後半部分を通して弾いた後
アドバイスをいただきました

わたくし:メトロノーム練習できっちり弾けるようにしようと思っています
先生:メトロノーム練習より、むしろ、鍵盤みて、こんな感じで…(実演+解説あり)

わたくし:なるほどー。その練習方法で練習してみます

楽器店さんのコンクール地区大会の曲

楽器店さんのコンクールの地区大会の曲を
いつから準備すれば良いかを先生に相談したところ、

  • 早いほうが良いです(もう遅いくらい???)
  • 何事もバランスが大事です

とのこと。

候補として上げたのは(全て過去に取り組んだ曲)、

候補1:ラフマニノフ op.3-2、op.23-5
候補2:ラフマニノフ op.32-10, 32-12
候補3:リスト 超絶技巧練習曲1番、ラフマニノフ 絵画的練習曲 op.39-2
候補4:ラフマニノフ op.38-3 「雛菊」、スクリャービン 練習曲 8-12

です。

どの曲でいくか、考え中・考え中・考え中

結び:コンクール2次の候補曲について

楽器店さんのコンクールは
過去に3回落ちて、1回は未開催で終わりました

なので、遺産がいっぱいあります ♥

候補1⇒最初に受けたコンクール(2018年)で落っこちたときの準備曲
候補2⇒2019年の楽器店さんのコンクールで落っこちた時の準備曲
候補3⇒2020年の楽器店さんのコンクール(未開催)の時の準備曲
候補4⇒2021年の楽器店さんのコンクールで落っこちた時の準備曲

となります。
この調子で落っこち続けて
レパートリ拡大っていうのも
メチャ楽しいかも。WWWwww-
(開き直り大作成ダー)

が、今回は新曲の準備はせずリバイバル作戦で行こうかと思います。

ど・れ・に・し・よ・う・か・な !

神様の言う通り…

とかで決めちゃだめですよね(笑)

直近に弾いた曲のほうが思い出し易いんじゃぁないか、ということで、

候補4:ラフマニノフ op.38-3 「雛菊」、スクリャービン 練習曲 8-12

で行こうと思います

ではでは〜


コメント

タイトルとURLをコピーしました